スタッフブログ

 “はすの花”に見る日本の心

 明日土曜日に、いわき市内の外国出身者による

日本語スピーチコンテストが行われます。

時々ブログに登場する私が日本語指導をしている

フィリピン出身の女性が初めてコンテストに

参加することになりました。

そこでこの1ヶ月、原稿を考えたり、読む練習や

話す練習を行なっていましたが、

私は週に一度、限られた時間でしかできないので、

彼女の周りの方もずい分助けて下さったようで、

とても有り難く思いました。

 彼女は本当に心がきれいで、いつも様々な

お話をすると、ふたりで涙を流すこともよくあります。

日本に来て、苦労することもたくさんありました。

それでもいつも、大変なこと、マイナスのことばかりに

目を向けず、泣きながらも、いつも、良いところ、

素敵なところを探して、どんなに小さなことでも、

それを心から評価し、日本の良さ、日本人の素晴らしさを

認める心の美しさを持っている彼女は、

今回スピーチでも、日本人の素晴らしい心を

“はすの花”と結びつけて伝えます。

まだ内容を言うことはできませんが、

彼女の心の奥から湧く思いが、

多少日本語がたどたどしくても、

彼女の口から出る言葉に乗って、

会場の皆さまに伝わるといいなと思います。

 本当に本当に残念なことに、

どうしても私は当日、彼女のスピーチ、

そして他の方々のスピーチを聴きに行くことが

できないのですが、

素敵な1日になりますように・・。