スタッフブログ

 『マトリックス』は奥が深い

 今更ながら初めて、映画『マトリックス』を観ました。

子ども達が高校生の頃、家で観ていたのを横目で

見ながらも、あまり興味がわかず、今に至っていました。

キアヌ・リーブスは好きなのですけれど、

激しいシーンがあるのは、あまり得意ではないのです。

アクション映画、SF映画もたまには観ることもある

のですが、夜眠れなくなってしまいますから・・・。

 さて今回は、今勉強しているNLP心理学の課題なので、

絶対に観なければならず、しかもレポート提出。

それなので、メモ用紙を片手に、NLP的な視点で

真剣に観ました。

 まずは、奥の深さに驚きです。

人生を歩む上でのメッセージが織り交ぜられ、

心に響く言葉の数々が散りばめられていました。

全てを書くとレポートになってしまいますので、

そのうちの1つ「扉は自分で開ける」について。

 人は1人では生きていけず、他人との

関わりを持ちながら生きていますが、

人生での選択では、やはり自分の信念に従って

自分で決断していくもの。

そこに扉があったら、開けるのは、

他人ではなく、紛れもなく自分自身であること。

そのためには、自分の直感に正直になることが

とても大切です。

それがたとえ小さな扉であったとしても、

もちろん大きな扉であっても、

そこを開けて一歩一歩踏み出すか、踏み出さないかも

自分次第。

でも望むビジョンがあるならば、やはり行動してこそ

そのゴールへと近づくものです。

自分の扉は自分で開けて、自分の人生を

作っていきましょう。