スタッフブログ

 色々な感情を味わうと、それだけ心が豊かになる

 人間の心は複雑で、同じような出来事が起きても、

その時の受け止め方によって、ポジティブにも

ネガティブにもなったりします。

ポジティブな気持ちでいられれば

それに越したことはありませんが、

神様は私たちに、様々な感情を味わえるように

仕向けていますので、

どちらも必要な感情なのです。

 飛び上がるほどの喜び。

好きなことをしてわくわくする気持ち。

好きな人と一緒に、ちょっとドキドキする感情。

気のおけない友達との楽しみ。

あるいは1人静かにいる時の心穏やかな気持ち。

・・などもあれば、

打ちひしがれるような悲しみ。

何もかもうまくいかない嘆き。

好きな人と一緒にいられない辛さ。

人間関係がこじれたときのストレス。

など、ポジティブ、ネガティブ、どちらの感情も

あげればきりがありません。

大事なのは、それらの感情をしっかりと

味わい尽くすこと。

たとえネガティブな感情でも、

それに蓋をして閉じ込めようとしたり

避けようとしたりせず、向き合うことにより、

他人の心の痛みにも寄り添うこともできます。

辛い感情を味わうと、そのあとの

小さな喜びに感謝の気持ちを持つこともできます。

そして、たくさんの感情を味わうことで

人として成長し、心が一層豊かになるのです。

魂の成長は自分自身のためだけでなく

世の中への大きな貢献へと結びつきます。

ですから、それぞれ1つ1つの感情、

大事にして参りましょう。