スタッフブログ

「暮らしに役立つマナー」講座、無事に終了

 本日は(財)エウテルピス音楽芸術文化財団主催の

「今さら聞けない 暮らしに役立つマナー」講座にて

お話をさせていただきました。

平日昼間にも関わらず、お若い方からご年配の方まで、

市内の多くの皆さまにお越しいただきまして、

本当に嬉しく、そのような中でお話をさせて頂きましたこと

大変光栄に思います。

 マナーと聞くと、とても堅苦しいもの、遠い存在のもの、

あるいは、自分が恥をかかないためもの、と思われる方も

まだまだいらっしゃいます。

でもマナーというのは、自分のためではなく、

お相手に対する思いやりの表れで、

どなたにとっても、身近なものであり、

コミュニケーションをとるに当たっては、必ず考慮しなければ

いけないものでもあるのだということを

本日も強くお伝えいたしました。

あとは臨機応変にし、柔軟に対応する立ち居振る舞いができれば

よいわけです。

 一応様々な決まりごとがありますが、

それは分かりやすく形にするためでありますので、

大事なのは、やはり思いやりの心です。

その心を忘れずに持てば、お相手も不愉快な思いを

決してしないでしょうし、

より良い人間関係を作ることができるのです。

 マナーやコミュニケーションは一度でなかなか

身につくものではなく、日々の心がけの

積み重ねでご自分自身のものになってきます。

よく言われますね。

心が変われば、行動が変わる。

行動が変われば、習慣が変わる。

習慣が変われば、人格が変わる。

人格が変われば、運命が変わる。と。

小さな心がけ、そして小さな行動の変化を重ねて、

皆がより良くなれば、世の中はもっと

温かみのある社会になるのでは、と思います。