スタッフブログ

 小学生と世界一周の旅

 3月6日は「世界一周記念日」でした。

1967年のこの日、日本航空の世界一周西回り路線が

営業を開始し、1972年に廃止されるまでの5年間、

東京→香港→バンコク→ニューデリー→テヘラン→

カイロ→ローマ→フランクフルトまたはパリ→ロンドン

→ニューヨーク→サンフランシスコ→ホノルル→東京

という路線で運行していたそうです。

 本日、小学生国語脳トレーニングレッスンでの

「今日は何の日?」タイムでは、迷わずこれを選び、

子ども達と地球儀で、世界一周の旅をしました。

地球儀は英語表記ですが、小学生はあまり抵抗感なく

いつも喜んで場所探しをします。

(ここでは詳しく説明しませんが、ついでに

英語のフォニックスも学べたりしますので、

一石二鳥です。)

 私はこの時間がとても好き。

平面の地図を見るよりも断然、地球全体を感じられ、

そして、地名と場所を無理やり覚えるのではなく、

何かと関連付けて(今日の場合は「旅」)地球儀に

触れることができれば、子ども達の関心は無限大だからです。

 ウィルス感染が世界中に広がってしまうのも、

世界中どこにでも簡単に行き来ができるようになった

現代だからこそ。

今身近に感じている問題、そして、

社会問題、政治問題、環境問題、様々なことに

この地球儀から考えることもできますし、

いつか訪れてみたい国や地域を、世界というよりは、

地球という視点から見ることもできたり、

日本という国をまた違う目で眺めることもできます。

 広いと言えども、小さな世界。

まずは、私たちが生きている地球を大切にし、

そして人を大事にし、自国を愛した上で、

視野を世界に広げて異国を理解し、

手を携えていける平和な世の中になれば・・

と願わずにはいられません。

小学生と世界一周の旅をしながら改めて思います。

そして「楽しかった〜!」という子ども達の素直な声が

また嬉しくなる時間でもありました。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 新刊『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→