スタッフブログ

 感情を言葉にすると、喜びは2倍、怒りは半分に・・

 お暑い日が続きますね。屋外と屋内の温度差でも

また体調を崩しやすくなってしまいますから、

体調管理をしっかりとしていかなくてはいけない毎日です。

照りつける太陽の元に出た時、「あつ〜〜い!」と

つい口から出る言葉。

これはその感覚を言葉に出すことで、その状態が緩和される

ということから、無意識の心理で皆、言うことが多いわけです。

痛い時などもそうですね。誰もいなくても、1人で

「痛ーーーーい!」と言ってしまうと思います。

ですから、怒りや悲しみなどの負の感情がある時にも、

実はそれを言葉に出すと半減します。

人に当たってはいけませんが、我慢を重ねますと、

その積もった感情がどこかに影響を及ぼしてしまいます。

口にしなくても紙に書いても大丈夫です。

1人でやる分には誰にも迷惑はかかりませんし、

その出した言葉でまた負の要素が引き寄せられてしまう

ということはありません。

引き寄せには時間差がありますので、

その負の感情から抜けるために、感情を言葉に出して、

そして早めにすっきりとした方がずっとよいわけです。

いつまでも長時間イライラ、モヤモヤしていていますと、

そのような時は、負の波動が沢山出て負の事象を

引き寄せてしまうのです。

 逆に、喜びは2倍になりますから、どんどん言葉にして

発すると良いですね。プラスの感情は、他人に言えば、

お相手にもプラスの良い影響を与えます。

「嬉しい!」「楽しい!」「美味し〜い!」

「幸せ〜」など。

この発する言葉で、私たちの周波数や波動も

変わってきます。

そして脳や潜在意識にも大きく影響してくるのです。

 愛する人と気持ちを共有すると、喜びは2倍に、

悲しみは半分になる、とよく言われますが、

1人でも感情を言葉にするだけでなりますから、

是非、意識してみて下さいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.22 を配信いたしました。

「完璧ではなく、最善を尽くす」

目標を掲げたり、願うことも大事ですが、そこに

必ず伴わせなければいけないのが、実際の行動 です。

拙著『夢の音読』8月から抜粋した文章を

音読しておりますので、是非、ご覧くださいませ。

こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→