スタッフブログ

 悩む時間を決めてみる

 先日配信しましたYouTubeでは、やり始めの行動

についてお話し、まずはやると決めてやってみる

ことをお勧めいたしました。→Vol.28

だらだらと考えているより、自分で決めてしまいますと、

比較的何でも動き出せるようになるのです。

それは前向きな行動だけではなくて、「悩む」という

ちょっと否定的な感じがする行為にでも効果的です。

 どういうことかと言いますと、いつまでも長い時間、

くよくよと悩むことがあった場合、その悩む行為は

無意識にしていることがほとんどです。

その悩むことによって、何か学びや教訓を得られる

のであれば良いのですが、それでも悩む時間は少ない方が

良いはずです。

昨日、心と体は密接な関係があるということをブログに

書きましたが、いつまでもくよくよと悩んでいたら、

体にも影響が出てきたり、体調が悪くならないまでも、

表情は暗くなり、女性は尚更、いくらお化粧をしても

老化が早まり、それを隠すことは出来なくなってしまいます。

 ですから、できるだけ悩んでいる時間というのは

短い方が良いわけです。

そのために「今から悩む」と決めるということ。

時間限定で悩んでみるのです。30分とか1時間とか。

すると、悩んでいる時間がもったいないと感じるように

なったり、逆にどうやって悩んだらよいのかがわからなく

なってくるような気持ちになることもあります。

 悩むと決めたら、何を悩んだらよいのか・・。

その事柄に対する最善の解決法は何かと考えていると

自分の問題であるものが、少し客観的に捉えられるようになり、

楽になることもあるかもしれません。

そこで解決策が見つからなければ、あとは悩んでいても

あまり意味はなく時間とエネルギーを取られるだけなので、

決めた時間悩んだら、あとは別のことにエネルギーを

注ぐようにすれば良いのです。

人は無意識にしていることが沢山ありますから、

意識的に「決める」ということをすると、

小さな勇気が大きな変化を生み出すことでしょう。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 YouTube動画『エクラの風』Vol.28を配信いたしました。

やり始めの行動についてお話しております。

「まずは やってみよう!」→こちら

是非、ご覧くださいませ。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→