有っても無くても有り難いと思えること

 「感謝」が大切だということを、このブログ内でも

よく書きますが、「感謝」というのは、

何かをどなたかにやって頂いたから感謝するとか、

何か恩恵を受けたから感謝するというだけでなく、

今あるものに目を止めて、心の底から自然に

湧いてくる「有り難い」という気持ちがとても大切。

 ですから、常に感謝するという気持ちがある方は

そのエネルギーが現実化していきますから、

一層、得たいと思う状態を引き寄せることが

できるわけです。

 でも、何かが欲しい、こういう状態になりたい、

と思った時、そこに何とか辿り着きたい、という

思いばかりが先行し、今の有り難さに目を向けられない

でいますと、それは執着になってしまいますね。

 叶えたいこと、手に入れたいことがある時に、

そこにワクワク感が伴っていると、今あることにも

有り難いと感じられるので、願っていることが

叶っても叶わなくても、どちらでもよくなってくる

場合があります。

そうすると、そこに執着は全くなくなり、

毎日感謝の気持ちが湧いてくるため、

結局は、最初に思った願いがすんなり手に入る

ことになるわけです。

 「ある」に目を向けるというのはとても大切。

でもなかなか有り難いという気持ちになれない

と思う時には、言葉だけでも有り難い、有り難い・・

と言っていると、段々それが普通になってきて

気持ちも伴ってきますから、言葉から入っていく

ということでも大丈夫です。

 ただ、他人に対して、取って付けたように

感謝、感謝、と言っても、それはお相手に

伝わらないこともあり得ます。

まずは、自分の心の中の「感謝」をしっかりと

持つこと。そうすれば、それが溢れて、

他人に対しても、「感謝」の気持ちを表すことが

出来ますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 YouTube『エクラの風』Vol.100を配信中です。

「人生の質を高めて 自分らしく生きるには」→こちら

世の中がどのように変化しても、人生の質を

上げていくのか、下げてしまうのかは自分次第です。

運を味方にしながら、自分らしく生きることについて

お話しておりますので、ご覧いただけましたら

嬉しく思います。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→