2019年01月03日

 効果の見返りを求めない

 あっという間に三が日が終わり、

また明日から始動、という方も多いかと思いますが、

一年のスタートで、これからが本番。

でも、心の奥で、本当に効果があるのかしら、とか

やっても本当に意味があるかしら・・とか

うまく行くかしら・・などと

効果を期待したり、見返りを求めていると、

その効果の可能性を下げてしまうことになります。

 自分の本当のやりたい気持ち、

やろうと決心した時の感覚、

心の中のわくわく感、

などの本来の気持ちから離れてしまうからです。

 やってみたいことであるなら、

うまくいっても、いかなくても良いから

とにかく、自分を自分自身で喜ばせることが先ですし、

とても大切。

出来ないかも、うまくいかないかも・・

という疑いの心を持ってしまうと

その効果が薄れてしまいます。

自分の気持ちを大事にして、

素直に、純粋になって参りましょう。

きっと叶います。

 

 

 

 夢を書いただけで満足してしまわない

 今年はいつもと違うお正月なので、

まだ昨日の続きの夢100個が完成しませんが、

たとえ書き終えたとしても

気をつけなくてはいけないのが、

それを書いたことで満足してしまわないようにすること。

わくわく、どきどきしながら、

せっかく書き出しているのですから、

時々見直して、また、どきどきわくわくしながら

今度は自分の行動に移さなくてはいけません。

書けば叶うのは、

行動するから叶うのであって、

書いただけでは、ただの願いごとです。

ただ、その夢に執着しても、また叶うのが

難しくなる場合もあり、執着せずに

軽く、ぽんぽんと動いていると

いつのまにかその夢に近づいていたり

叶ったりするものです。

〇〇の試験に合格する!というような目標であるなら

もちろん、それに向けての対策と、ゴールからの

逆算で、今やるべきことを考えなければいけませんので、

夢と目標に近づくためには様々な形、方法が

あることを知り、とにかく今年も、

良い年になる!ということを信じて過ごしていくと、

自然に行動が伴ってくるものかもしれません。

 書いて満足。書いたら終わり。ということがなく、

少しずつでも動いて参ろうと思います。