スタッフブログ

 朝の習慣(Morning Rituals)

 早起きは三文の徳。分かっていても、朝は苦手です。完全に夜型の私は、1日のやっておきたい事は

どんなに遅くなっても夜のうちに全て済ませてしまい、朝は1分でも1秒でも長く寝ていたいのです。

朝活や朝勉という言葉もよく聞きますし、出来る人は早起きの人、などとも言われていて、4時や5時に

起きる方を本当に尊敬します。

 子ども達が家を離れ、お弁当を作る必要がなくなった今、私の起床時刻は6時半。準備に慌てることは

ありませんが、かといって、余裕の時間があるわけでもありません。「朝のミラクル時間」に憧れます。

 人間は日の出とともに起き、日没とともに休息するのが身体に無理のないリズムです。夜は精神を安定

させたり、睡眠導入へのホルモンが分泌され、朝の太陽の光で、そのホルモンは徐々に減っていくと

言われています。それにも関わらず、美容と健康によい睡眠のゴールデンタイム、夜の10時〜2時も

しっかり起きている私は、何とか1時間でも時間をずらして、5時半に起きるのが目下の目標です!

 私の好きなラジオ講座「実践ビジネス英語」が、今日からしばらく『朝の習慣(Morning Rituals)』

について。まさに私へのアドバイスのようなテーマです。

朝の小さな楽しみを見つけて、私だけのスペシャルな「朝」をプロデュース。自分磨きやエクササイズ、

いつもよりスキンケアを丁寧にしてみるのも良いかもしれません。素敵な「朝の習慣」が身についたら、

今までとはちょっと違う自分を発見できるのかも・・

まずは無理をせず、15分早く起きるところから始めてみようかしらと思います。