スタッフブログ

 尊厳

 娘でありながら、父親の講演会で話を聞いたのは、

生涯で2度目。本日はいわき市にて行われましたため、

私も足を運んでみました。

分野が全く異なりますので、専門的なところを直接、私の仕事に

生かすということは出来ませんが、子どもの頃から、

耳にタコが出来るほど、様々な話を聞いて育ちましたから、

今日はその延長線上で、興味深く聞いておりました。

 その中で出てきましたキーワードの1つ「尊厳」。

最期まで人間らしい生き方をすることが大切だということを

父は常に言います。

でも、自己尊厳は誰にでも当てはまる考え方。

私なりの視点から、人の「尊厳」を考えてみますと、

人が尊いのは、何かが人より出来るからでも、才能が備わっている

からでもなく、「生きている」ということが尊いのです。

ですから、悩みや葛藤、失敗があったとしても、

良いことが全く無い、と思ったとしても、

必死で生きてきたということが尊いのです。

誰の人生でも

どのような人生でも

一生懸命生きてきたことに誇りを持ち、

そのこと自体が素晴らしいと思えるように自信を持つことが大切。

たとえ自信を失ったとしても、人と比べることなく、

自分らしくいられれば、自ずと光も見えてくるはずです。

 一人一人それぞれが尊い存在であること。

それを、自分自身もお互いも認め、手を携えていけば

素晴らしい社会になっていくのではないかと思います。