スタッフブログ

 無駄な力を抜いて 自然体で・・

 立ち姿勢のレッスンで、いつもお伝えしていることの1つに

「下半身はしっかりと、上半身はふんわりと」

と意識するものがあります。

これが、身体の「自然体」。

でも、自然体のはずなのに、実は、地にしっかりと

足をつけないで、頭の方にエネルギーがいってしまったり、

上半身が緊張して、硬くなってしまうことが

よく起こり得ます。

 どのような時でも、平常でいられるためには、

まず、無駄な力を抜くことが大切。

身体をリラックスさせて、自然体を作るように致しましょう。

そうすると、心までもが落ち着いてきます。

そして、心身が落ち着いた時こそ、

自らの力や可能性を発揮することができるのです。

それは、自分自身のためでもあり、

コミュニケーションにおいて、お相手に対する反応や

関わりのためでもあります。

 自分の軸をしっかりと持ちながらも、

力まず、余計な力は抜いて、自然体で・・。