スタッフブログ

 心身をゆるめる

 私たちは、緊張している時はもちろんのこと、

少しきちんとしなくては、というような場面になると、

どうしても、身体に余計な力が入ってしまいがちです。

立ち居振る舞いのレッスンをすると、

どうしても皆さま緊張してしまうので、

まずは身体をほぐしてリラックスさせた状態にしてから

始めますが、それでも私の指導は型から入ったものなので、

私自身もどうしても力が抜けきらない部分がありました。

 でも、本日、思いっきり身体をゆるめて歩く、

ということを体感して、また考え方が変わったように思います。

 昨年10月に電子書籍をご一緒に出版されたお仲間の1人が

YURUKUウォークの考案者でいらして、

「歩くことは生きること〜生きる喜びをともに〜」

ということを理念に活動されています。

同じく出版された他のお仲間たちと集まり、丸一日、しっかりと

レッスンを受けて参りました。

長年の習慣で硬くなってしまった筋肉は、

ほぐすためのケアをしっかりして、

立ったり、歩いたりする時も、全身を緩めた状態で

バランスを無理なくとると、実はそれが一番安定した

身体の位置になっています。

型から姿勢を正そうとすると、一見きれいなように見えて、

実は身体が本来の位置になっていないため、

とても疲れてしまうのです。

 心の状態も同じですね。

無理に整えよう、整えようとしても、本来の自分に添っていないと

心に負担がかかり、疲弊してしまいます。

やはりポイントは、心身ともにまずはゆるめる。

そこからスタートすると、

安定した日常生活、安定したお仕事、安定した余暇を楽しめる

のではないかと思います。

 皆さまも何かを始める時、頑張ろう!と力を入れる前に

まず一度、心身の力を抜いてみて下さいね。