スタッフブログ

 思考力を刺激する

 先日、蔦屋書店で買い込みました本の中の1つ

『オックスフォード大学&ケンブリッジ大学

 世界一「考えさせられる」入試問題 』

ジョン・ファーンドン著(小田島恒志・小田島則子)

 Do You Think You’re Clever?

THE OXBRIDGE QUESTIONS  by John Farndon

全て、オックスブリッジ

(オックスフォード大学&ケンブリッジ大学)の

入試の面接官が出した問題なのですが、

医学、法学、物理学、工学、経済学、英語英文学・・

など、様々な学部で出題されたものなので、

内容が多岐に渡り、しかも難問奇問なので、

その解説をとても面白く読みました。

私も色々と考えてみるものの、思い浮かぶ答えが

あまりにも稚拙なので、解説がないとちょっと難しい。。

でも、私のツボにスポッとはまり、

思考力はこれからの世界で生きていく上で

非常に大事だと痛感しました。

入学したオックスブリッジの学生さんたちは、これらを

瞬時に適切に答えたのかと思うと流石です。

「あなたならリンゴをどう説明しますか?」(社会学・政治学)

「私には考えがある、とあなたに思わせるものはなんですか?」

(数学・哲学)

「木を描くとします。その木は現実のものですか?」

(現代言語学・中世言語学)

「カタツムリには意識はあるでしょうか?」(実験心理学)

「あなたは頭部の重さをどのように量りますか?」(医学)

「あたなは自分を利口だと思いますか?」(法学)

 問題を一部ご紹介しただけで長くなってしまいましたが、

「考える」というのは人間にとって大事なことですし、

このようにバラエティーに富んだことを問われると、

いつもの決まった思考回路から広がっていき、

とても刺激的です。

もう少し書きたいことがありますが、続きはまた改めて・・。