スタッフブログ

 客観的視点を失わない

 自分の姿は、自分では見えません。

鏡に映した姿も半分は作った姿。特に表情は・・。

体型に関しては、しっかりと鏡とにらめっこして、

できるだけ、合わせ鏡で後ろも見られるようにし、

ここをもっと引き締めないと、とか

ここに筋肉をつけた方がもっとよいかも、とか

単純に、もっとやせなくちゃ・・と

チェックができますが、表情に関しては、

鏡に映った顔を見ても、自分の普段の顔は

分からないものです。

ふとショーウィンドウに映った顔がとても

老けて見えたり、ふいに撮られた写真の顔が、

何だか冴えなかったという時は、気をつけないと

いけないですね。

年齢を重ねると余計にそう思います。

 そして更には目に見えない心の中。

アメリカの心理学者、ジョセフ・ルフト氏と

ハリー・インガム氏が、人間の心には4つの窓がある

と提唱した「ジョハリの窓」と言うのがあります。

このジョハリの窓についてはまた、改めて記事に

したいと思いますが、その内の2つ、

「盲点の窓」と「未知の窓」は自分が知らない自分を

表しています。

自分を見つめて、自分を知る、ということを

常に言っておりますが、自分のことも分からないことが

たくさんあるわけです。

 ですから、尚更、他人の声にも真摯に耳を傾け、

謙虚になる必要があるのです。

主観的視点でしか見ていないと、本当に自分のことが

見えなくなってしまい、知らないうちに人に迷惑を

かけていた・・ということにもなりかねません。

自分のことは自分でよく見えていない、

と知っておくこと。

そして、自分でも可能な限り、客観的視点を持ち、

またそれを失わないようにして参りましょう。