スタッフブログ

 身心一如(しんじんいちにょ)

 体と心は密接に関係しているお話は

よくいたしますが、体の調子が良い時は、

心も落ち着きますし、心が安定していれば、

病気にかかりにくくなります。

また、背筋をピンと伸ばし、前をしっかりと

向いていれば、心も前向きになりますし、

いつでも体を丸めて、うつむいていると、

心も内向きになってしまします。

 道元善禅師が説いた「身心一如」という言葉が

あります。あえて道元は「心身」ではなく「身心」

としたようですが、深い意味は私には解説できませんので

ここでは触れませんが、禅では、肉体と精神は一体で、

ひとつのものの両面であると言われています。

ですからどちらかに偏っていては、バランスを崩して

しまい、双方に影響を及ぼしてしまうわけです。

 何においてもバランスは大切です。

身体そのもののバランスも大事。心のバランスも大事。

日常生活のバランスも、お仕事のバランスも・・。

そして、それぞれを安定させると、体と心が調和し、

日常生活とお仕事の両立もできるようになり、

人と人との信頼関係、人間と自然との共生、

様々なバランスを大切にしていけるのです。

 そのために何ができるかというのは、

人それぞれではありますが、大それたことではなく、

自分の中にある基本的な軸を大事にして、

些細なことでも丁寧に取り組むことが重要です。

体と心の健康のためにも、基本的な生活を整えながら、

前向きに過ごしていけると良いですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.20 を配信いたしました。

今回は、お花のある生活が「心」によい理由を

フラワーセラピーの観点からお話しております。

是非、ご覧くださいませ。→ こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→