スタッフブログ

 真心を込めるのは小さなことから

 ビジネスの上での信頼関係、プライベートでの

人と人との関わり合い、家族間でのそれぞれの関係・・

そしてそれが、直接であろうと、リモートであろうと、

やはり、人と人とが交わるためには

心が交わることが大事で、お相手に対して

どれだけ心を込めることができるかによります。

でもそれが体裁を整えるためだけのものなのか、

その場限りのものなのか、やはりその心というのは

「真心」でないとお相手にはなかなか伝わりません。

真心というのは本当の心、偽りのない心。

 そのためには、日頃から自分自身に対しても

本当の心でいることが大事です。

そして、1つ1つのことを丁寧にすること。

1つ1つの物を丁寧に扱うこと。大切にすること。

集中すること。想いを込めること。

例えばお食事をする時に、丁寧にお箸や器を扱い、

感謝しながら頂くとか。

文字を書く時に丁寧に書くとか。

身体を洗う時に、1日頑張った身体を労わりながら

洗うとか。

そのように真心を込める習慣があると、

人に対して、挨拶をする時に自然に真心を込められ、

言葉を発する時にも丁寧な言葉を使うことができる

ようになるのだと思うのです。

このようなことが疎かになってしまうと、

大きな事柄に対しても、人に対しても、

真の心を大切にすることが出来ません。

 真心を込めるのは、

まずは身の回りの小さなことから・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.23 を配信いたしました。

今回は「目的 と 目標 の違い」について説明しております。

言葉が似ていますので、混同されがちですが、

大きな違いがありますので、その違いを把握して、

行動やモチベーション維持に役立てて頂けましたら

嬉しく思います。→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→