スタッフブログ

 思考とのバランスをとりながら、細胞が喜ぶことをする

 心と体は密接な関係がある、ということを

よくお伝えしますが、心が喜べば体が喜びます。

体の調子が良くなれば、また心も喜びます。

 心地良い空間に身を置けば、魂が喜び、

魂が喜ぶと、体のエネルギーが湧いてきます。

そして大好きな美味しいものを口にすれば、

心も脳も喜び、体が心地良い状態になります。

私は食べない日はない程、甘いものが大好き。

チョコレートは高カカオであれば身体に良い効果がある

と知っていても、普通に甘いミルクチョコレートを

食べますし、和菓子も洋菓子も、アイスクリームも

大好きです。

白砂糖や小麦粉は一般的に漂白しているものが使われ

バターや生クリームも身体に負担がかかり、本当は

体に毒だと言われても、その甘いものを食べることに

よって脳内快楽物質が出れば、細胞がとても喜び心が

満たされます。

もちろん食べ過ぎはよくありませんが、食べないことに

よるストレスで免疫力が低下するよりもずっと良い

わけです。

ネイルは爪の表面が呼吸が出来ないから良くない

と言われていますが、それでもネイルを常にして

手元が綺麗になっているのと、いないのとでは

細胞の喜び方が大きく違います。

ファンデーションも同じですね。1日中毛穴を塞いで

いるのですから、ノーファンデーションの方が肌に

良いと言われても、ノーメイクでいることの方が

ストレスになります。

 私たちは魂、細胞が喜ぶことを選択すると、

心地良い状態になり、免疫力も高まります。

ですから、自分の価値観をしっかりと持ち、

どういう状態が自分が心地良いと感じられるのか

ということを知り、何を選ぶのかは自分の責任で

自分次第です。ですから、それを人に押し付けない

ということが大切なのだと思います。

そして溢れる情報、偏った意見、そしてジャッジに

振り回されることなく、思考と魂のバランスを上手に

とりながら過ごしていけると良いですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 最新動画 YouTube『エクラの風』Vol.63では

他人の幸せを祈るとどうして自分が幸せになるのか

ということを潜在意識や脳の観点からお話しして

おります。

是非、参考にしてみて下さいませ。

「他人の幸せを祈れば 自分も幸せになる」→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→