2020年09月18日

 受け取る側の気持ちを考える

 どなたかに贈り物をする時、あなたはどのように

品物を選びますか?

おそらく、お相手の姿やお顔を思い浮かべながら、

この方はきっと〇〇を喜んで下さるだろうとか、

この方は〇〇がお好きだと伺っているから、

これを贈ろう、などと考えながら品物を選ぶことと思います。

その時に受け取る方の気持ちを考えているわけです。

決して嫌がる物は選ばないですものね。

 贈り物に限らず、私たちは様々な人と関わる上で、

色々なものをお相手に贈ったり、伝えたりしています。

言葉や表情、態度やしぐさ、そのように目に見えない

ものも絶えず届けているのです。

ですからその時にも、やはり、プレゼントを贈るように

お相手の気持ちを考えることが大切です。

でも、プレゼントはお相手のところに届くまでに

時間があり、ゆっくり考えることもできますが、

言葉や表情、態度などはコミュニケーション上で

瞬時にお相手に伝わってしまう分

とても注意が必要になってきます。

 伝えたいけれどうまく伝わらない、とか、

そういうつもりはなかったのに、お相手に意図したことと

異なる解釈をされてしまったなどとという経験は

どなたにでもあると思います。

自分のフィルターや価値観とお相手のそれらとは、

最初から違うものだということを知り、理解した上で

伝える側は伝わるように気をつけなければなりません。

 表情はどうでしょう。

今は皆がマスクをしていて、お顔の半分以上が

隠れていますから、尚更、誤解のないように

そしてお相手の方が不快な思いをしないように

マスクの内側では最大限の努力をして、お相手に

気持ちよく伝わるように気をつけなくてはいけません。

「笑顔」はちゃんと届いていますか。

自分では笑っているつもりでも、他人からみて

「笑顔」だと認識できない場合もあることを

意識していることが大切です。

 本日久しぶりに行いました日本料理店での研修でも、

そのことをしっかりと確認して頂きました。

接客する時もとても大事なことですね。

日本人としての和の心とともに、お相手を慮るという

大切な心構えも共有できて実りある時間になりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.27を配信いたしました。

「心地よいコミュニケーションをとれるコツ」

コミュニケーションは私たちが生きていく上では

なくてはならないもの。

プライベートでもビジネスでも

より良いコミュニケーションのために

ご覧頂けましたら嬉しく思います。→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→