スタッフブログ

 人生は良い時と悪い時が必ずある

 もし人生、良いことばかりしか起きないのなら、

それは楽かもしれないし、幸せに見えるかもしれませんが、

良くないことが起きた時こそ、

人間力が磨かれ、人の痛みも分かり、

その経験を良いことのために生かす術を身につけ、

人としての器もそれまでよりも大きくなるのです。

病気になれば、健康であることの有り難さが分かり、

仕事を失えば、今まで得たエネルギーの対価に感謝し、

別れを経験すれば、人とのご縁を深く胸に感じ、

人はそうして歳を重ねていくわけですから、

何も悪いことを経験しなかったとしたら、

人としての半分のことしか理解することが出来ないで、

一生が終わってしまいます。

でも普通は必ず両方を経験するもの。

前にもお伝えしましたが、世の中は陰と陽、天と地、

表と裏、右と左・・必ず両極あるのです。

 ですから、今ある状況から何を学び、それをどのように

良い方向へ変えていくかということを考えられる

チャンスを有り難く思い、

あとは目の前にあることをするだけ。

そして、苦しい時ほど、もがかず、時に委ね、

ほんの少しでも良いことがあったなら、

心の底から感謝をし、謙虚な気持ちで、

また目の前のことに一生懸命取り組んでいくと、

また周りの状況、とりまく環境、出会う人、

得られる新しい情報などが変わってきます。

 自分だけが悪いことばかり起こる、と思うのは

ただ良いことに気がつく感度が低いだけ。

誰にでも、良いこと、幸せなことは周りに

たくさん転がっているのです。

それを拾えるか拾えないかの問題です。

 今日ランニングをした私は、相変わらず

まだ思うようには走れず、苦しいばかりでしたが、

気温が低い中でも風が全くなかったのが幸せ。

有り難く走ることができました。

幸せの沸点が低いと、幸せもたくさんです♡