スタッフブログ

「不雨花猶落」(あめならずして はな なお おつ)

 物事がうまくいかなかった時や、失敗してしまった時、

反省することも、もちろん大切ですが、

過去に囚われすぎて、自己否定してしまっては、

次になかなか進むことができません。

事実は事実として受け止めて、「次は頑張ろう!」

という気持ちの切り替えも必要です。

「雨ならずして花猶落つ 風無くして絮(いと)自ら飛ぶ」

という禅語があります。

雨など降らなくても、咲いた時から花は落ちる運命にあり、

風が吹かなくても柳のわた毛(種)は、時がくれば、

自ら飛んでいく。ということです。

 物事には、理屈ばかりに囚われても、

どうしようもないこと、仕方がないこともあります。

大した原因は無くても、うまくいかない時はうまくいかないし、

何か物事が起きる時には、起きてしまうこともあるのです。

反省することばかりになってしまって、迷いや不安ばかりが

出てきたのであれば、それは、何の解決にもなりません。

 人は必ず成長するもの。

雨が降って落ちるお花もあるけれど、

雨が降らなくても落ちる運命にあるお花。

我が家も、そろそろ植え替えしないと、と思います。

これからの冬に向けて、寒さにも強いお花を植えると、

またそこから自然の強いエネルギーを受け取れます。

自然が四季とともに循環しているように、

私たちも、様々な経験をしながら成長し、

そして、前に進んでいける力があるはずです。