2018年07月

 プロセスを楽しむ

 自分の人生に安心出来ないということは

ありませんか。

自分の人生を楽しめないということも、

時にはあるでしょうか。

これは、結果を出さなくては・・とか、

上手くやらなくてはいけない・・と

強く思ってしまっているから。

良い結果を出そうとだけを考えていると、

良くない結果の時は楽しめなくなってしまい、

苦しくなるのです。

ですから、結果へ至るまでのプロセスがとっても大切。

そのプロセスを楽しむように致しましょう。

そして、そのプロセスの中にある

「心地よい」をどんどん選んでいきましょう。

そうすると、人が作る心地よさではなく、

自分で自分を心地よく出来るようになってきます。

そこには、良い結果を残すという安心感ではなく、

自分で自分を充実させたものにするという安心感が

生まれます。

ですから、たとえ良い結果にならなくても

うまくいかなくても大丈夫なわけです。

結果を不安に思わずに、

思いっきりプロセスを楽しんで参りましょう。

 頭や心の中をすっきりさせて行動に移す

 久しぶりにアイロンがけをしました。

溜めに溜め込んで、ようやく取り掛かった、という感じです。

言い訳すれば、忙しかったのと、暑すぎて、やる気が起きず、

ついつい後回しに・・。

お納戸を開けるたびに、アイロンがけ待機中の

シワシワ物が見えて、やらなければ・・とずっと

引っかかっていたので、すっきりすると、やはり、

もっと早くやっておけば・・なんて思ったりもします。

 このシワシワは、理想の自分になりたい時に

なかなか行動に移せない不安や心配、恐れなどと同じだな

と思いました。

シワのあるハンカチはいつまでも出番がないまま。

しっかりピンと張ると、気持ちよく使えるようになります。

頭や心の中の、余計なマイナス感情や情報というシワを

冷静に俯瞰し、客観的に伸ばしてみて、行動に移せるように

することは大事です。

どうしよう、無理かも、失敗するかも・・という

不安ばかりに囚われていると、いつまで経っても

行動に移せず、そのままになってしまします。

理想の自分になるために、自分を信じて、

思い切って、頭や心の中をスッキリさせてみましょう。

迷いがなくなり、行動に移せるはずです。

 

 

 話す時のペースを保つ

 話す時のペースというのは人それぞれ異なりますが、

人前で話す時、普段、会話をするのと同じ速さ

になるのが理想的だと言われています。

どうしても相手が複数ですと、緊張して

どんどん早口になりがちですが、

それでは聞いている方は、どんどん聞きづらくなって

しまいます。

聞いている人にとって、心地よい状態でいてもらう

ためには、やはり、日常会話と同じ速度、そして

話す側も、少し考える時間や呼吸を整える時間を

もてるぐらいの気持ちでいることが必要です。

 本日のヴォイス&スピーチレッスンでは、

ご自分のペースを確認し、そのペースが崩れない

話し方の練習もしました。

でも基本は、何と言っても正しい姿勢と正しい呼吸が

できていること。ここが整っていると.自分自身が

落ち着くことができるので、いつの間にか

早口になっているということを防ぎます。

間をとりながら、落ち着いてお話ができると

良いですね。

 聞く側も、そのペースに合わせながら聞くことが

できると、そこの空間が一体化し、

居心地もよくなります。

普段あまり意識していないかもしれませんが、

自分の話すペースというものを大事にしてみましょう。

 「好き」を意識する

 常に心をニュートラルにするように心がけ、

自分の「好き」に意識を向けて、その感覚を

大事にしましょう。

それが自己実現への近道です。

 脳は、自分の重要度の高さによって情報を

選択する働きや、自分にとって重要でないことに

対する情報は入ってこないようにする働きがあります。

ですから、「好き」ということに意識を向けていれば、

自然とそれにまつわる沢山の情報が入ってくるのです。

外を歩いていて、そのことに関するものが目に入ったり、

耳から聞こえきたり・・。

本や新聞を読んでいて、浮き出るようにそれに関する

情報が目に飛び込んで来たりします。

 脳というのは上手く出来ていて、そのように

情報を取捨選択してくれているわけです。

ですから、普段の意志、心というのがとても大切。

そして得られた沢山の情報から、今度は、

行動に繋げていけば良いのです。

そうすると、理想の実現が近づいてきます。

まずは、自分の心に正直に、

「好き」に意識を向けて、それを大事にすることです。

 次の人が気持ちよく使えるように・・

 カフェなどで、帰り際に、自分でカップやお皿、

トレーなどを片付けるところがありますが、

今日、そこで何人かの方たちが片付けているのを見て、

日本人って、真面目だなと改めて思いました。

プラスチック、紙類、フタ、お皿、カップ・・と

きちんと分別しますものね。

でも更に、高校生たちに感心したのが、

最後に周囲をきれいに拭いていたこと。

ちょっとしたことですし、誰が見ているわけでなくても、

(私はたまたま後方から見ていたのですが・・)

次の人が来た時に、気持ちよく使えるようにする。

さりげない心配りは、とても大切だと思うのです。

お店の人がきれいにするから自分はやらなくていい、

ではなく、自分がいたところは、次の人のために

自分できれいにしておく。

それは、どのような場所でも共通することです。

 かなり前のことになりますが、ある大きなセミナーで、

その人気(なのかな?)セミナー講師が言っていたことに

私は違和感を覚えたことがありました。

 リーダーになるような人は、お手洗いを使ったあとは、

必ずキレイにするものだ。

もし水しぶきなどで汚したままだったら、

次の人に、そういう人だと思われて、恥ずかしいことだ、と

おっしゃったのです。

でも私は違うと思うのです。

自分がどう思われるかではなく、考えるのは次に使う人のため。

誰も見ていないところで

誰が使うかわからないけれど、その人のために

思いやりを持ったり、心遣いができるということが

大事なのだと思うのです。

 今日見かけた高校生たち、きっと素敵なレディになりますね。

 

 

 

 

 

 自信を持つということは・・

 マナーレッスンや、ヴォイス&スピーチレッスンには、

自分に自信が持てないので、自信をつけるために、

とご受講される方が多くいらっしゃいます。

特に、ヴォイス&スピーチレッスンでは、

人前で話すことが苦手、

コミュニケーションをとるのが苦手、という方も。

当サロンでまず行うのは、

正しい姿勢になることと、正しい呼吸をすることです。

最初はなかなか上手く呼吸ができなくても、

段々、深くしっかりと出来るようになると、

心が落ち着いてきて、穏やかな気持ちになります。

そうすると、ゆったりと自分自身に向き合え、

自分を信じることが出来るようになります。

そして自分を信頼出来ると、それが自信となるのです。

まずは、自分と向き合って理解し、信頼すること。

そこから行動が生まれ、小さな成功体験を重ねると

今度は大きな自信へとつながります。

ヴォイス&スピーチレッスンでは、その根本のところを

大事にしています。

 そして、夕方の英語レッスンに来た高校生は、

文法や構文はかなり理解していても、何せ単語を覚えるのが

苦手で、語彙力が少ないのがネック。

たどり着いた彼女に一番合った単語暗記法で、

かなり覚えられるようになって、彼女はとても

自信がついてきました。

やはり、人とは違う自分を知る、自分を大事にする、

自分に合わせて落ち着いて行動する、自分を信じる、

そして自信を持つのです。

 大人のレッスンも、学生のレッスンも、

自信を持てた時の生徒さまの笑顔を見ると、

私もホッと嬉しくなります。

 やる気が起きない時は・・

 どうしても、段々疲れが出てきたり、

やる気が出なくなったりすることは

誰にでもあります。

それは途中でくじけることもあれば、

最初から、やる前からなかなか取りかかれない

という時も・・。

私の場合、やり始めれば、わりと波に乗って

できるのですが、始める前は、苦手なことや

好きではないことは、なかなか取り掛かるのが

スムーズにいかないことがよくあります。

そういう時にどうするかと言いますと、

ポイントは2つ。

まずは、それが終わった時の喜びを、今感じてしまうこと。

そしてもう1つは、それが終わると喜んでくれる方を

思い浮かべること。

すると、段々モチベーションがアップされてきます。

終わって、嬉しい〜〜!とか

終わって、スッキリした〜!という達成感など。

先にそのような感情を味わうというのはとても効果的です。

お仕事でも、お勉強でも、日常の中のことでも、

何にでも・・。

その先に感じるであろうプラスの感情を味わうと

自然と行動も伴ってくるものなのです。

やる気が起きない時、是非やってみて下さいね。

 パターンを変えると・・

 毎日、記録的な猛暑で、

皆さま、如何お過ごしでいらっしゃいますか。

何となく、身体がだるく、

集中力もいつもより無かったり、思考力に欠けたりと

なかなか普段通りに事が進まないことも

あるかもしれません。

そのような時は、いつものパターンを変えてみるのが

おススメです。

いつものパターン通りにやっていると、

効率的なような気もしますが、

全く考えないでいつもの順番で行うので、

変化もなく、クリエイティブになれないのです。

ですから、毎日のパターンをちょっと変えてみる。

例えば、朝起きて、カーテンを開けて、顔を洗って・・

という順番を、カーテンを開けて、お水を飲んで、

5分瞑想してから、顔を洗うとか・・

靴を履く時、いつも左足から履くのを、

右足からにしてみるとか・・

通勤、通学のルートを変えてみるとか・・

結構、小さなことで、変化をつけられることって

あるものなのです。

このいつものパターンを変えることで、

創造力がとても刺激されます。

脳が刺激されると、新たな発見があったり、

新しいアイディアを思いついたりするかもしれません。

 何となく、ぼーっとしてしまうこともあるこの暑さの中、

いつものパターンをちょっと変えてみませんか。

 幸せのかたちはそれぞれ

幸せのかたちは、人それぞれ。

ですから、人と比べなくても良いのです。

幸せとは、自分の心が満たされて、

豊かな状態にできること。

でも何によって満たされるかは

皆、違うわけです。

アクティブな毎日の方が好きなかた。 

のんびりペースがしっくりするかた。

どちらもでも良いのです。

人は、社会情勢や、周りの事情、しがらみなどが

絡み合うと、自分自身を忘れがち。

自分の素直な気持ち、正直な気持ちを思い出して、

自分自身の幸せを感じられるようにできると

良いですね。

思い通りの人生、自分に正直な人生、

幸せを感じられる人生、

そのために大切なのは「心地よさ」です。

わがままに振る舞うということではなく、

自分の心地よさをまずは知るということ。

他人の基準ではなく、自分の基準です。

幸せのかたちは、10人いたら、10通り。

自分の心としっかり向き合い、

自分が本当に求める幸せのかたちを確認して

自分の心地よさを大切にして参りましょう。

 2周年!!

 ここのところ、あまりにも忙しくて、

まだまだ溜まっている仕事とにらめっこしながら

この暑い日々を過ごしておりましたら、

すっかり忘れていました。

本日は、弊社設立記念日。

今朝、主人に言われて、びっくり致しました。

 2年前に法人化してから、あっという間の月日が

流れましたが、これまで

少しずつ、少しずつ、進んで参りました。

この2年の間にも、様々な出会いがあり、

ご縁で、新しい仕事の場を頂いたりして、

少なくとも10年前とは全く違うスタイルで、

私なりに進化しているように思います。

 急に大きい結果を出そうとする必要はないのです。

絶対にうまくいかなくてはいけない!と焦る必要も

ないのです。

日々、自分の信念に従い、自分を信じてコツコツと

進んでいけば良いかなと思っております。

そのためには、常に自分自身も磨き続け、

現状に止まらずに、皆さまのお役に立てることを

提供できるよう、努力して参りたいと思います。

 今日は、赤ワインではなく、久しぶりに白ワインを

頂きました。

すっきりと、また新たな1年に向けて頑張っていける

ような気が致します。

いつも支えてくださる皆さま、

本当にありがとうございます。

心より感謝申し上げます。

そして、今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。