2017年09月

 次の展開を想像する

 たとえその時、たまたま上手く成功したとしても

その後、どうなるのか、どのような状態にたって

次に何をしたらよいのか、という先の状況を

ある程度、想像できないと、1回きりのまぐれになり、

それ以上の成長を望むことができません。

 大切なのは、次の展開を想像するということ。

想像するというのはイマジネーションなので

自由です。

別にその通りに、絶対ならなければいけないわけではなく、

行動しているうちに、道筋が変わってきても良いのです。

 成功している人を見ると、思います。

いつも一歩でも二歩でも先を見て行動している・・と。

 それまでの、失敗や成功、様々なことを経験してきた

その学びをしっかりと総動員し、

想像力、予知力を働かせて進んで参りたいですね。

 

 気を配るということ

 私たちは、日々、たくさんの人たちに支えられながら

生きています。

決して1人で全てが出来ているわけではない、ということを

いつでも念頭に置きながら、感謝の気持ちを持つことが

大切です。

 そして、少しでも、その周りの方々を不快にさせないように

するためには、「気配り」がとても重要。

「気配り」とは、そのまま文字通り、「気」を配るということ。

でも、自分自身に「気」がないと、つまり「エネルギー」がないと、

他人に、心地よい「エネルギー」を配ることが出来ません。

疲れていたり、満ち足りていなかったり、自分が充分でないと、

自分のことで精一杯になってしまうのです。

弱気になっていたとしたら、マイナスの感情ばかりで、

とてもプラスのエネルギーを発することも出来ません。

 まずは、自分の心の中にしっかりと「気」を満たすこと。

そして、それから、感謝の気持ちを込めて、自分の中に満たされた

「気」「エネルギー」を周りの方々にも配って参りましょう。

あたかも気を遣っているような表面的だけの態度や

心が全く伴わない態度、

返って気を遣わせてしまうような言動、

そのようなものは、周りの方々への心にまで響くことはありません。

 心地よい「エネルギー」、プラスの感情で満たされた「気」

それを届けること。

それこそが「気配り」なのだと思います。

 信頼関係を築くには

 全く私のレッスン計画通りにやらない生徒がいました。

まるで、私を試すかのようにわがままを言うので、

本当に私にとって、週一回のその時間は試練のようなものです。

でも、私が、ここだけは曲げない、と固く決めたことは3つ。

 レッスン中、その子を楽しませるけれど、必ずその中に

秘かに学びがあるようにする。

 目線を下げて、その子と同じレベルで、同じ気持ちになって

笑ったり、驚いたりするけれど、師弟関係は保つ。

 その子の全てを受け入れる。

それから、8年。

お休みすることなく通い続けている中学生の彼女が

今日、言ったのです。

「毎日ここに来たい!」と。

今では、学校のこと、家では言えないこと、何でも

話してくれます。

私は英語しか教えていませんが、全ての教科の成績を

聞かなくても、報告してくれます。

「先生、厳しくなった〜!!」と言いながら、

私の出す課題を必ずやりこなします。

 そこには、本当に「信頼関係」が出来たなあ、と

感じるのです。

 同じ波動の人、同じ感覚の人との信頼関係を築くのは

そう難しくはありません。

でも、考え方、価値観が違う人とも信頼関係を築かなくては

いけない場合もたくさんあります。

そのような時、まず第1にすることは、やはり、

お相手を、全て受け入れること。

認めなくてはいけない、ということではなく、

良くも悪くも、「そうなんだ」と受け止めるということ。

そこから、次第に、お互いの歩み寄りが始まっていくのです。

時間がかかっても、でもいつか必ず、

お互いを尊重できる時がくるはず。

「受け入れる」こと。大切です。

 支える力が動く力に

 日常的に、私たちは様々な動作を無意識にしています。

立つ、座る、歩く、お辞儀をする・・・

苦労せずに、これらの動作をすることが出来ますが、

これは「支える力」があるからこそ。

 支える力がしっかりすればするほど、

動きも安定し、怪我もしにくくなるのです。

腰を痛めると、途端にきちんと歩けなくなるのは

支える力がなくなってしまったから。

「支える力」は身体の軸。

その軸から「動く力」へと結びつきます。

 これは、マインドも同様です。

心の中にしっかりと自分の軸があれば、

それは心を支える力となり、

支える力があればこそ、どんなことをやるのにも

自信を持って、行動することができるのです。

 自分軸。ありますか?

自分を支えるマインド軸。ありますか?

心の軸は、「こうありたい」という信念です。

ありたい自分があってこそ、

動ける自分になってきます。

「支える力」が「動く力」へと変わるのです。

トレーニングをして、改めて思ったことでした。

 

 

 

 人生は時間の積み重ね

 ふと立ち止まって、人生を考え、

そして、その一度きりの人生を、この上なく大切に想えた時、

この瞬間を大事にしなければ!と思います。 

 まだ、あと何十年かは生きると思っていても、

振り返った今までの数十年は、本当にあっという間。

それならば、これからの数十年も、矢の如く過ぎていくことは

目に見えています。

 人生は、時間で成り立ち、

その一瞬、一瞬の積み重ね。

誰もが同じように持っている時間でも、

どのように過ごすかは、自分次第。

浪費していては、勿体のないことです。

そう思ったら、

何だか益々気持ちが忙しくなってしまいますが、

決して、慌てる必要はないはず。

 やりたいことが沢山あるのなら、

それを1つ1つ丁寧に取り組んだり、

仕上げていけば良いのです。

 やりたいことが見つからないのなら、

今の自分をしっかりと見つめて、大切にし、

その今を大事にすれば良いのです。

時を重ねるその人生は

過ごした時の重みで

味わい深く、そして豊かになっていくのです。

 

 「やってみる」ではなく「やる」

 何か新しいことをしたい時

何かを決断しようとする時

選択は「やる」か「やらない」かの2つに1つ。

「やってみる」というのはありません。

「やってみる」と「やる」

似ているようですが、違います。

「やる」は、はっきりとした意思がそこにありますが、

「やってみる」は試してみるという感じで、

実は、その行動に対して、あいまいな気持ちがあるのです。

とりあえず、やらないよりはいいから・・

失敗するかもしれないけれど・・

お試しでやってみる・・という感じ。

でも、本当に、夢を叶えたい

目標を達成したい

のであれば、「やる!」という強い意思のもとに

行動することが必要です。

そうすれば、その熱い思いや、高い感情のエネルギーにより、

うまくいくことができるのです。

「やってみる」のではなく「やる」

「TRY」よりも「DO」

そういうつもりで、頑張って参りましょう!

 憧れの人がいるのなら・・

 この方、すごく素敵だな

 この方、とっても憧れるわ

 この方、本当に尊敬する

・・と、もし、憧れる人がいるならば、

「すごいな〜」と、ただ何となく、ほわ〜っと

見ているのではなく、その方のどの部分を素敵だと思うのか、

どういうところを尊敬し、またどうして憧れるのか

というように分析して、その「素敵♡」を大解剖してみましょう。

 そうすると、今度は、

自分だったら、まずその方のどの部分なら

同じように出来るのか、自分には何が足りないのか、

自分自身を分析し、少しでも「憧れ」に近づいていけるように

努力することができます。

 漠然と「すごいな〜」「素敵だな〜」だけでは

全く変わることが出来ませんが、

具体的に、この部分を取り入れよう!と

行動に移すことが出来れば、必ず成長するはずです。

 足りないところは、どんどん高め、

 持っているものは、さらに伸ばし、

「憧れの人」つまり「憧れの自分」を目指して参りましょう。

 幸せを感じている時が本当の自分

 心の中にプラスのエネルギーをためるには

どんなに小さなことでも、幸せだと思えることを

普段から少しずつ心の中に入れていき、

それを当たり前の状態にしておきましょう。

 そして、幸せを感じている時、これが私の本当の姿、

とイメージ出来ると、大きな強みになります。

もし、幸せを感じている時に、

この状態、長続きは難しいだろうなあ、などと、

先の不安やマイナスの感情を入れてしまうと、

心の中に、マイナスのエネルギーが溜まっていき、

望んでいないのに、幸せでないことを

呼び寄せてしまいます。

それでは、せっかく幸せなのに、もったいないことです。

 少しでも嬉しいことや幸せだと感じることがあったら

それが「私」。

と思い、どんどんプラスのエネルギーを貯めて参りましょう。

そうすれば、その後もハッピーな出来事を

自然に呼び寄せていきます。

 心の持ち方は本当に大事。

たとえイヤな出来事が起こっても、

これは本当の自分ではなく、突発的。

だから、幸せな状態にちゃんと戻れる。

そう信じていれば大丈夫。

必ず、また心の中に溜まっているプラスのエネルギーが

幸せを呼び寄せてくれるはずです。

 

 身につけるためには「復習」を

 ちょうど1年前の今日から、私のホームページ内での

ブログがスタートしました。

体力、気力があるはずの私が、原因不明の発熱

(人生初の39度台!)で寝込んでしまった以外は

ずっと綴って参りましたが、

それも、読んで下さっている皆さまのお陰です!!

細々とですが、「読んでいるよ〜」と言われると、とても

嬉しく、日課として続けることが出来ております。

本当にありがとうございます♡

 1年前、「手書きの魅力」から始まりました。

そして今日も、会社のロゴを書いて下さったカリグラファーの

友人ヨウコ・フラクチュール氏に久しぶりにカリグラフィーを

習い、また改めて、手書きっていいな、と確認。

でも、普段書いていないので、とっても難しく、

あ〜でもない、こ〜でもない、と悪戦苦闘しました。

 やはり、「復習」が大事。

私もいつも、英語を教えている学生さんにも

マナーや話し方のレッスンをしている大人の生徒さまにも

何度もしつこいぐらいに言っていること。

私も習い事をしたら、ちゃんと「復習」をしなくては・・。

 どのようなことでも、習いっ放し、やりっ放しでは

身につかない。

しっかり自分のものにするためには、「復習」あるのみ。

よ〜く分かっています。

忙しいことを言い訳にしてはいけませんね。

 文章はまだまだこれからも書いて参ります。

今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

 褒め合いのキャッチボール

 先日の花育授業の時もそうですが、

大人のレッスンでも、色々な形でお相手を認め、

言葉に出して「褒める」ということをします。

褒められて嫌な気持ちになる人はいなく、やはり、

どのようなことでも、認められるというのは嬉しいものです。

お互いを認めて、褒め合いのキャッチボール。

ですから、素敵だなと思ったら、それを言葉にする習慣は

日常でもあると良いですね。

 そしてもう1つは、素敵だなあ、と思った時だけでなく、

どのような人とでも、お会いした時に、まずはお相手の

良いところを見つける習慣。

そのためには、お相手に関心を持ち、良く見ることが必要で、

その上で、褒められる点をどんどん見つけていくのです。

そうするとコミュニケーションをとるのに、プラスの感情で

いることができるので、お互いにとっても心地よくいられます。

 他人を認めて 褒めて、 褒められて 自分を認める

 自分を認めて 褒めて、 他人も認めて 褒める

色々なスタイルの「褒める」がありますが、

上手な褒め合いのキャッチボールが出来ると良いですね。