2020年08月

 見えない親切

 ある心理学者の実験で、1週間親切な行為をすると、

その後にその参加者の方々にはどのような変化があるのか、

ということを調べたものがあります。

親切というのは、知っている人に対してでも、

知らない人に対してでもよく、また、計画的でも、

思いつきでも、どのような形でも良かったようですが、

結果的に、この実験の参加者たちは、以前よりも

健康的で充実した生活を送ることができているという

実感を持てるようになったそうです。

予想できる結果ではありますが、やはり、他人に対する

「貢献」というのは、大きなものであれ小さなものであれ、

人に満足感や、幸福感を与えるのだと思います。

 でも、毎日親切な行為をしましょう、と改めて言うと

何か大きなことをやらなくてはいけないような気持ちにも

なるかもしれませんし、そういう場や機会がない、という

方もいらっしゃるかもしれませんが、心を込めて挨拶をする、

ということでも良いですし、寄付をするのでも良いですし、

ドアを開けてあげるとか、ゴミを拾う・・など、

小さなことでも、できることは沢山あります。

そして、それが、たとえ人の目につかなくても、

その見えないところで出来る親切というのはまた

とても素敵なことだと思うのです。

 今日、ある施設のお手洗いに入った時に、

少し先に手を洗い終わった方が、ご自身の手を

備え付けのペーパーで手を拭いた後に、ささっと

ご自分が使った洗面台の水しぶきも拭いてから

出ていかれたのです。

それは、私が隣にいたからでもなく、習慣として

されているような手つきでした。素敵ですね。

お手洗いのお掃除はお掃除係の方がやるからよい

という意識ではなく、次の方のために・・という親切。

そのような見えない些細な心配りを皆ができれば、

思いやり溢れる世の中になるはず、と改めて感じました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.24 を配信いたしました。

私の好きことから、おすすめのことまで

気分転換の方法をお伝えしております。

ぜひ、気分転換に!ご覧くださいませ。→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 認められたいのに、認められるとそれを素直に受け取れない理由

 私たちはだれでも、多かれ少なかれ承認欲求と

いうものがあります。

誰かに認めてもらいたいし、褒めてもらいたい、

という欲求があり、褒められれば嬉しいものです。

でも、それが強くなりすぎますと、当然、

もっと認めてほしい、もっと褒めてほしい・・・

となってしまいます。そして、その承認によって

自分の存在意義を感じるわけです。

それなのに! せっかく認められても、褒められても

それを素直に受け取れなかったり、喜べないという人も

います。どういうことでしょうか。

わざわざ裏を読んだり、口だけじゃないの?と

疑ってしまうあまのじゃくになってしまうのです。

どうして?

それは、もともと、どうせ私なんて・・という考えが

根付いていて、それがセルフイメージとなって

抵抗してくるからなのです。

せっかく認められたいのに・・。

そして、他人の評価で自分の価値を決めてばかりいると、

今度は、その良い評価がない時に、自分は価値のない人間

であるというように感じてしまいます。

 ですから、まずお勧めするのは、

自分で自分を認めること。

自分で認めるって、最初は難しいかもしれませんが、

認めるハードルを下げて小さなことから

自分を認めたり、褒めたりしてみましょう。

今日も1日頑張った、とか、元気に挨拶ができたとか。

そのように、何でもないことのように思えるものでも、

褒めて、自分を認めていると、

人から褒められたり、認められたりした時にも

素直にそれを受け取れるようになります。

そして、自分で褒めて、認めることができますので、

自分の価値を必要以上に下げるということが

なくなってきます。

どのようなタイプであれ、是非、自分で自分を

認める習慣を身につけて参りましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.24 を配信いたしました。

私の好きことから、おすすめのことまで

気分転換の方法をお伝えしております。

ぜひ、気分転換に!ご覧くださいませ。→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 マインドマップを書いて頭の中を整理する

 時々私はマインドマップを書きます。

頭の中を整理する時、心の中を整える時、

紙に書き出すと、入り乱れているものが視覚化され、

無秩序なものが少しずつ関連づけられたり、

明確化しますので、よくおすすめもしております。

その書き出しの時によく使うのがマインドマップ。

中心に書くものは、その時によりますが、

今日は、私はこれから何をどのようにライフワークとして

やっていけば良いのかということを「マナー」を

軸にして考えてみました。

考えるというより、まず書き出してみたのです。

思いのまま言葉を出したり、それらを線で結んだり

しながら視覚化していくと少しずつ明確になってきます。

 人は誰でも、迷う時も、悩む時も、どうしたら

良いのか分からなくなる時もあります。

自分の思いと、世の中の状況や仕組みや多くの人が

何となくの流れのままに信じているものとが

合わない時、またあるいは、自分自身の思いが

定まっていない時に、道を失ったり、不安を感じたり

するのでしょうけれど、やはり、大事なのは

そこに立ち止まるのではなく、少しでも動くこと。

それが対外的でなくても、自分の中だけでも

まず書き出してみて、本当の自分の大切にしたいこと、

あり方などを確認して、試行錯誤しながらでも、

二歩進んで一歩後退しながらでも、進んでいくと、

また何かが見えてきたりするのかもしれません。

 本日は、「福祉教育と日本の今後」

〜豊かな支え合いのある地域づくり〜 

というテーマの勉強会に参加し、様々な分野の

方々の意見やお話を伺って、貴重な時間を過ごすことが

できました。

結局どの分野であろうと、大切なのは、

自分のあり方、人としてのあり方を大事にし、

子どもも大人も、どのような境遇の人も、

それぞれの存在を認めることができて、

お互いを慮ることができれば、そこに自然に愛や

支え合いが生まれ、心豊かな社会ができていくのでは

ないかと思うのです。

 私のできることは何なのか、改めて考える

とても良い時間になりました。

書き出しもやはりおすすめです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.23 を配信いたしました。

今回は「目的 と 目標 の違い」について説明しております。

言葉が似ていますので、混同されがちですが、

大きな違いがありますので、その違いを把握して、

行動やモチベーション維持に役立てて頂けましたら

嬉しく思います。→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 はっきり、ゆっくり、ていねいに・・。

 学生時代にアナウンサーになりたいと思っていた私は

小さい頃から音読が好きで、宿題になっていなくても、

よく声に出して教科書を読んでいましたが、

結局、職につくことがなかった私が、話すためのトレーニングを

受けたのは、もっと大人になってからのことになります。

 今でも、アナウンサーがニュースを読む声を聞くと、

視聴者に分かりやすく言葉を伝えるプロだなと改めて感じます。

厳しいプロのための訓練を受けていらっしゃるのですから、

当たり前ですけれどね。因みにNHKアナウンサーは1分間に

約300文字を話しているのだそうです。

 私たちがお相手に伝わりやすく話すためにも、

様々なポイントがありますが、

基本的には 「内容・態度・声」 が重要な要素になり、

それにより、お相手に良い印象を与えるかどうかも左右されます。

 簡単に言いますと、内容はわかりやすくし、

自分中心の態度や表情で話すのではなく、お相手の状況や

態度に合わせること。そして、聞き取りやすい声と話し方に

することが大切です。

 今日、あるところで、せっかく感じよく接客をしているのに、

滑舌が悪くて、少々早口な方がいらっしゃいました。

そうすると、言葉や内容がお相手に正しく伝わらない

可能性もあります。

またそのことにより、お相手にストレスを与えてしまう

ことにもなりかねません。

とても残念なことですね。

 今はマスクをしていることもあり、尚のこと、

人に何かを伝えなくてはいけない時には今まで以上に

注意することが必要です。

『はっきり、ゆっくり、ていねいに。』

これを意識するだけでもかなり違います。

 アナウンサーに憧れていた私は昔から早口言葉が

わりと得意。今でも国語脳トレーニング教室の生徒と

一緒に早口言葉を言って楽しんでいます。

はっきり、ゆっくり、ていねいに話すためには

滑舌を良くしておくことも大事。

お相手の誤解を防ぐことができるからです。

では、最後に1つ。

♪ 新進シャンソン歌手総出演、新春シャンソンショー ♪

いかがですか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.23 を配信いたしました。

今回は「目的 と 目標 の違い」について説明しております。

言葉が似ていますので、混同されがちですが、

大きな違いがありますので、その違いを把握して、

行動やモチベーション維持に役立てて頂けましたら

嬉しく思います。→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 

 

 真心を込めるのは小さなことから

 ビジネスの上での信頼関係、プライベートでの

人と人との関わり合い、家族間でのそれぞれの関係・・

そしてそれが、直接であろうと、リモートであろうと、

やはり、人と人とが交わるためには

心が交わることが大事で、お相手に対して

どれだけ心を込めることができるかによります。

でもそれが体裁を整えるためだけのものなのか、

その場限りのものなのか、やはりその心というのは

「真心」でないとお相手にはなかなか伝わりません。

真心というのは本当の心、偽りのない心。

 そのためには、日頃から自分自身に対しても

本当の心でいることが大事です。

そして、1つ1つのことを丁寧にすること。

1つ1つの物を丁寧に扱うこと。大切にすること。

集中すること。想いを込めること。

例えばお食事をする時に、丁寧にお箸や器を扱い、

感謝しながら頂くとか。

文字を書く時に丁寧に書くとか。

身体を洗う時に、1日頑張った身体を労わりながら

洗うとか。

そのように真心を込める習慣があると、

人に対して、挨拶をする時に自然に真心を込められ、

言葉を発する時にも丁寧な言葉を使うことができる

ようになるのだと思うのです。

このようなことが疎かになってしまうと、

大きな事柄に対しても、人に対しても、

真の心を大切にすることが出来ません。

 真心を込めるのは、

まずは身の回りの小さなことから・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.23 を配信いたしました。

今回は「目的 と 目標 の違い」について説明しております。

言葉が似ていますので、混同されがちですが、

大きな違いがありますので、その違いを把握して、

行動やモチベーション維持に役立てて頂けましたら

嬉しく思います。→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 その心配事は 頭の中の事

 だれでも不安や、ストレス、心配事というのは

多かれ少なかれあります。

それを大きくするのか、小さくするのか、あるいは

選択するのか、しないのか・・などということは

それぞれです。

何事も、意識をした方にエネルギーが引っ張られますので、

心配事に意識を向ければ、その心配事を

一層育ててしまうということが起こり得ます。

ですから、できれば気になることには意識を向けず、

ただ意識をそらす、ということをしているだけでも

かなり違いがあるのではないかと思います。

 そして心配事や不安というのは、今、目の前で

起きていることではありません。

過去のことを思い出したり、あるいは、未来のこと、

まだ起きていないことを想像したりして、

頭の中でその想像を膨らませているものなのです。

ということは、心配事は、自分の意識が過去や未来に

向けられていて、「今、ここ 」にはありませんね。

もし今、目の前で起こっている問題に対してでしたら、

それを心配するよりは、すぐに解決策を見つけたり、

目の前のことに対しての対処の方法を

考えなくてはいけません。

 もしも、不安や心配事で気持ちがいっぱいに

なってしまったら、「今、ここ」に意識を戻して

みましょう。

そのためにも、私が最近よく言っている

「瞑想」が役に立つのです。

静かに深呼吸して、自分の呼吸に集中しますと、

次第に心が落ち着いてきます。

そして「今、ここ」に意識が向いてくれば、

いつの間にか不安や心配というのが遠ざかっていく

はずです。

 不安や心配事は目の前で起きていることではなく、

あなたの頭の中で繰り広げられている想像。

ぜひ、「今、ここ」に集中してみましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.23 を配信いたしました。

今回は「目的 と 目標 の違い」について説明しております。

言葉が似ていますので、混同されがちですが、

大きな違いがありますので、その違いを把握して、

行動やモチベーション維持に役立てて頂けましたら

嬉しく思います。→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

「諦めない心」と「執着心」

 自分にとって少しハードルが高いなと感じることを

やろうとする時、たとえそれが自分の意思によるもの、

自分でやりたいと思っていたものだったとしても、

途中でくじけそうになることがあります。

そのような時に自分自身に向かって、

「絶対に諦めない!」と強く奮い立たせたりしても、

やはり、なかなかモチベーションを上げるのが難しかったり、

思うようにいかない場合もありますね。

人間ですから、色々な時があります。

 でも、どうしてなのでしょう。

それは・・その行動に対して、やらなければならない、

だけれど、もしかして無理かもしれない、

それでも何とか頑張らないといけないのに、

スムーズにいかないかもしれない・・という

ネガティブな感情が裏に伴っている「執着心」

のようなものがあるからなのです。

不安や不足感があると、その行動をすること自体に縛られていて

勢いがあった最初の頃はよくても、段々、辛くなってくると、

そこからまた這い上がるのに、相当のエネルギーが必要に

なってしまいます。

それは「諦めない」ということとはちょっと違うもの。

「諦めない心」というのは、

たとえ今、出来なくても、たとえ今、叶わなくても、

やること自体に意味を見つけることが出来て、

それが自分にとってわくわくすることだから、

やめないで続けていきたい、という思いのことです。

努力することが苦痛なのが、執着心。

努力することも楽しめるのが、諦めない心。

 結果ではなく、プロセスを楽しむことが大切ですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.23 を配信いたしました。

今回は「目的 と 目標 の違い」について説明しております。

言葉が似ていますので、混同されがちですが、

大きな違いがありますので、その違いを把握して、

行動やモチベーション維持に役立てて頂けましたら

嬉しく思います。→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 ポジティブ と ネガティブ

 ポジティブな思考とネガティブな思考というのは

どちらが良い、どちらが悪い、ということは

ありませんが、ポジティブな思考である方が

楽であるのは誰もが思っていることだと思います。

世の中の仕組みは全て、陰と陽ですので、

ネガティブの先には必ずポジティブがあり、

その逆もまた同様。

ですから、どちらに偏っているか・・ということ

なのですが、何事もバランスですから、

あまりにもどちらかに大きく偏っているのであるならば

少し、その反対側に来るようにする方が良いかもしれません。

 とてもポジティブ過ぎて、あまりにも根拠のない

自信があったり、憂いが無いので、備えもない。

何かあっても全く反省すらしない・・ということでは

いけませんが、やはり、なるようになるから大丈夫、とか

反省はするけれと、切り替えが早くて、その反省を元に、

前へ進んでいけるポシティブさは欲しいですね。

 何かを決定しなくてはいけない時に、

ポジティブな思考の人は、単純ですので、

やりたいか、やりたくないか、

好きか、嫌いか・・という基準で決めることが出来ますが、

ネガティブな思考の人は、複雑です。

もし、失敗したら・・もし、周囲に受け入れられなかったら・・

何か言われたら・・と、過去の失敗に引きずられたり、

未来への要らない不安にかられたり、

様々なことを必要以上に考え過ぎてしまうことがあります。

複雑思考より、ある程度は単純思考の方が

やはり幸せを感じやすくなりますから、

その方が気持ちも楽なはずです。

 あなたの思考は単純ですか? それとも 複雑ですか?

その思考の習慣が感情に大きく影響しますので、

あまりにもネガティブ優位になってしまったら、

できるだけ、単純、シンプルに考えられるように工夫して、

心穏やかに生活して参りたいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.23 を配信いたしました。

今回は「目的 と 目標 の違い」について説明しております。

言葉が似ていますので、混同されがちですが、

大きな違いがありますので、その違いを把握して、

行動やモチベーション維持に役立てて頂けましたら

嬉しく思います。→こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 啐啄同時(そったくどうじ)

 禅語に「啐啄同時」(そったくどうじ)という

言葉があります。

「啐」は、ひなが卵の内側からくちばしで殻を

つつくこと。

「啄」は、親鳥が外側から殻をつつくこと。

この2つが同時に行われることで卵が割れ、

雛が孵るのです。

導く者と、成長する者の関係というのはどこにでもあります。

親子であったり、教師と生徒、上司と部下、師弟や

コーチと選手など・・。

その指導する、導く側であるならば、このタイミング

というのを見逃さないことが大切です。

 もし、親鳥が雛が十分に成長する前に外から殻を割って

しまったら、まだ準備中だあったにも関わらず

外界に出てしまった雛は、どうしたら良いのでしょう。

無事に成長することができるかどうか不安です。

そして逆に、親鳥がいつまでも殻をつつかずにいたと

したら、自分の力だけでは殻を破ることのできない雛は

外界に出られず、力尽きてしまうかもしれません。

 そのタイミングを逃さないためには、

しっかりと観察していて、伸びる瞬間を見逃さず、

またその才能を引き出せるようにしなければいけません。 

知識や技術を教えるのではなく、導くことが大切ですね。

また、「啐啄同時」は自分自身にも言えること。

一生懸命努力をしているにも関わらず、

なかなか結果が出ない時があります。

そういう時は、すぐに諦めてしまうのではなく、

自分を信じて磨き続けることが大事なのです。

まだ機が熟していないだけなのだと考えていれば、

いつかチャンスが巡ってきたら、

大きく飛躍することができるはず。

何事もベストなタイミングがあるのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.22 を配信いたしました。

「完璧ではなく、最善を尽くす」

目標を掲げたり、願うことも大事ですが、そこに

必ず伴わせなければいけないのが、実際の行動 です。

拙著『夢の音読』8月から抜粋した文章を

音読しておりますので、是非、ご覧くださいませ。

こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 その日の自分のエネルギーに合わせる

 以前、モチベーションの高め方や維持する方法を

YouTubeでもお話いたしましたが( Vol.18  &  Vol.19 ) 

そうは言っても、日によって自分のエネルギーというのは

違いますから、モチベーションの波はあるものです。

体調によることもあるでしょうし、お天気が影響することも、

世の中の大きなエネルギーが左右することも

あるかもしれません。

いつも元気な私ですが、私もやはり日によって異なります。

なかなかやり始めるまで気が向かないというのか、

集中を高めるまでに至らないというのか、

もちろん、やらなくてはいけないことがある時は

様々な方法で工夫をしますが、期日が迫っていない限り、

気が乗らないものは、思い切って後回しにしても

構わないと思うのです。

それよりも、自分の状態を知って、そのエネルギーに

合わせることの方が効率が良いはず。

 先日、ある方と読書の話をしたのですが、

私は5冊ぐらいは同時進行しています。

その日の気分で読みたいものを読むからなのです。

もし1冊読みきってから、次の本へ・・ということになると、

その本を読まなくてはいけない、早く読み終わらないと・・

という思いにかられることもあり得ます。

もちろん本によっては、その1冊を一気に読んでしまうことも

ありますが、厚いものや、少し難しいものですと、

数冊を同時進行で読み進める方が私には合っています。

 というように、物事に取り組むにも、

やはり1日にやることはいくつもあるのですから、

その日の自分のエネルギーに合わせて、一番気が乗るものから

スタートさせますと、その他のものもベストなタイミングで、

また、思いがけないサポートやそれに関する情報を得てから

やり始めることができるというような良いサイクルが

できたりします。

引き寄せというのは、面白いもので、

これは後でちゃんとベストなタイミングで出来るから大丈夫

と思うと、そのようなります。

逆に、これは無理してで今もやらないと大変なことになる

と思うと、その通り大変なことになります。

不思議です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.22 を配信いたしました。

「完璧ではなく、最善を尽くす」

目標を掲げたり、願うことも大事ですが、そこに

必ず伴わせなければいけないのが、実際の行動 です。

拙著『夢の音読』8月から抜粋した文章を

音読しておりますので、是非、ご覧くださいませ。

こちら

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→