2020年11月

 寒さに震えた者ほど太陽の温かさを感じる

 日に日に寒さが増し、冬が近づいていることを

肌で感じるこの頃。

今年も残すところ後1ヶ月となり、今年は

どのような年だっただろうか、と振り返ると、

今までとはまた全く違う年になったと

誰もが感じるところではないかと思います。

その中でも、成長した自分を見る事ができれば

嬉しいことですが、それは捉え方次第でもありますね。

成長できたと思えば成長できているし、

何も変わらなかったと思えば、何も変わらなかった

1年にすぎません。

 「寒さに震えた者ほど太陽の温かさを感じる。

  人生の悩みをくぐった者ほど生命の尊さを知る。」

アメリカの詩人、ウォルター・ホイットマンの言った

言葉だと知られています。

本当にその通りですね。

今日のように寒さの中でも、日中温かな太陽の光が

差し込んだり、お庭に出ても、青空の下、太陽の温かさを

感じることができると、とても有り難く思い、感謝の気持ちが

溢れてきます。

人生においても同じです。

苦しいことや悲しいことなど、私たちは様々なことを

経験しますが、その経験があるからこそ、

生きていく本当の意味や、生きていることの有り難さ、

そこから見える幸せを感じることができるのです。

 幸せというものを、感じる基準は人それぞれだと

思いますが、でも、幸せのハードルが低いほど、

身の回りの小さなことに目を向けることができ、

その中から得られる小さなことを幸せに感じられる心を

持つことができます。

 太陽の光、今夜のような満月の美しい夜空、

それを見ることができるだけでも幸せです。

たとえ人生の悩み、苦労があったとしても、

それは自分に何を教えてくれるのだろうか。

そこから得られる学びは何なのだろうか。

と考えると、そのマイナスに見える出来事も、

自分にとってのプラスにもなり、成長につなげることが

できるのです。

 これから益々寒さが身にしみる季節になりますが、

昼間の暖かさはとても嬉しく感じます。

辛い時の人の温かさもまた、とても有り難いですね。

どのような時も前向きに、感謝の心を忘れずにいたいものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.38  を配信いたしました。

「結果を得ることより大切なこと」です。→こちら

何かをやるとどうしても結果を求めてしまいますが、

結果に執着しないもっと大事なことについて

お話しております。

是非、ご覧くださいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 自分の感情は自分で選んでいる

 感情というのは、まわりで起きている出来事に

よって引き起こされるものなのでしょうか。

他人が思うように動いてくれないからイライラし、

周りの環境が整わないから不安になり、

意に沿わないことを言われて怒りが湧き上がり・・

というような事があるのも分かります。

でも、その感情は本当は自分で選んでいるものなのです。

自分の行動が自分の責任であるように、

自分の感情も自分の責任です。

自分で「イライラ」や「不安」「怒り」などの

ネガティブな感情を選んでいるにも関わらず、

それを他人のせいにするのは、他人への責任転嫁ですね。

そして逆にそのネガティブな感情を持つことに対して、

自分を責めたりしたら、自己肯定感を低くし、

なかなか次の行動へ気持ちよく移ることが難しく

なってしまいます。

 自分の感情は自分の責任であるけれど、

良い、悪い、というものはなく、

ポジティブもネガティブも全てあってよいもの。

かえってポジティブ過ぎると危ないぐらいです。

いつも言いますように、バランスが大事なのです。

何でも陰と陽があるのですから、

ポジティブの裏はネガティブ、

ネガティブの裏はポジティブ。

ですから、ネガティブな感情があっても大丈夫。

その感情を選んだことを認めて、許可すると、

いつのまにか心が軽くなってくるはずです。

 どのような事があってもいつでも明るく前向きに

いる友人は、決してそれを周りのせいにせず、

常に優しくいられるのは、自分のネガティブな感情を

全て受け入れることで、手放しているからなのだな

と改めて感じました。

素敵だなと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

YouTube『エクラの風』Vol.38  を配信いたしました。

「結果を得ることより大切なこと」です。→こちら

何かをやるとどうしても結果を求めてしまいますが、

結果に執着しないもっと大事なことについて

お話しております。

是非、ご覧くださいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 

 ボランティアをするのにも自己理解が必要

 日本は物質的にも豊かで、平和であり、

生き方を国から制約されることがありません。

ですから、自分の好きなように、やりたいように、

生き方を選択することができ、また自分自身で

創造していくことができます。

ということは、生き方の責任は自分にあり、

主体的に行動していかなくてはなりません。

そして自分の使命のもと、社会との関わりを持つことで、

自分自身の存在意義を認めることができるのです。

 その中で、世の中のため、他者のために、

少しでも役に立てるようにボランティアという形で

活動できるスタイルもあるわけですが、

そのために大切なのは、まず、自分自身が社会に対して、

何をやりたくて、何ができるのか、そして社会や

困っている方達とどのように関わりたいのか、

ということを主体的に考えることです。

誰かがやっているから、とか、ボランティアをすると

社会に貢献しているような感じがするから、

などというように、周囲の影響を受けたままでいたり、

社会での体裁を考えての行動だったりしますと、

自分自身を見失うことになりかねませんので要注意です。

 まずは自分をしっかりと見ること。

自分の価値観や長所、短所、得意、不得意・・など、

自分を知り、確認してから初めて社会のために

何か自分の知識やスキル、体力などを生かして、

様々な貢献ができるのです。

そして、自分自身を満たしておくこと。

自分が充実しているからこそ、他者のために何かできる

のであり、人の役に立ち、喜ばれることで

自分を満たしてはいけません。

 日本は海外から比べると、まだまだボランティア精神が

少ないように感じます。ですから、

ボランティアが何か特別なもののように見えてしまうのかも

しれません。

そしてボランティアは、人から強制されるものではなく、

あくまでも主体的であること。でも、決して自分本位ではなく

お相手の立場になって考えることがとても大切です。

それが思いやりの精神ですね。

 ボランティアというのは様々な形があります。

私が日本在住の外国人に日本語を教えるのもボランティア。

今まで、入院している子どもたちに勉強を教えたり、

特別支援学級にお手伝いに行ったり、私にできることを

無理のない範囲でやって参りました。

自己理解をした上で、無理なくやることが大切ですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

本日YouTube『エクラの風』Vol.37を配信いたしました。

Vol.36は「ストレスを感じやすい人と感じにくい人の違い」

をお話いたしましたが→こちら

Vol.37では、人間関係におけるストレスを軽減できる

コミュニケーションのスキルを2つご紹介しております。

こちら

是非、ご覧くださいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 日本人のしなやかな美しさ

 今日はまた朝から冷え込み、日中もあまり気温が

上がらず、日に日に冬に近づいていることを実感いたします。

木々の葉の色も少しずつ色が変わり、四季の美しい移ろいも

感じますね。

日本料理を頂くと、そこに紅葉があしらわれたり、

お味だけではなく、目で楽しむ事ができるのも

さすが、世界無形文化遺産になっている和食の文化

だなと改めて思います。

でもその日本の文化の中に、美しい礼儀作法があったり、

他人を思いやる気持ちの表れがあったりするのですが、

その大切さが個々の意識の中で薄れているのと、

若い方達への継承が難しいと感じるこの頃でもあります。

 日本の礼儀作法というのは、四季の移り変わりとともに

自然に寄り添い、自然や人に対する思いやりや感謝の心が

凝縮されたものと言っても過言ではありません。

自然を大切することや環境問題を考えることなどは

意識していることかもしれませんが、

でもそれがマナーにまで思いを及ぼすことがないのは、

残念なことです。

 本日はまた日本料理店にて研修を行いました。

サービスする側の心がまえや、和の心、お客様を

思う気持ちがあって初めて気持ちのよい接客ができますが、

サービスを受ける側もまた同様です。

和の心を大切にして、食べ物や作ってくれた方に感謝し、

そして一緒にいる方達を思いやる気持ちを持つこと。

どちらにしても基本は同じ。

他者への配慮がとても重要なのです。

そこに日本人としてのしなやかな美しさがあり、

思いやりのある関わりが生まれます。

そして一人一人が心地よい空間や時間をつくることを

意識すると、自分自身の心も整って参りますね。

 本日も日本人としての心を大切にできる

とても充実した有り難い1日となりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

本日YouTube『エクラの風』Vol.37を配信いたしました。

Vol.36は「ストレスを感じやすい人と感じにくい人の違い」

をお話いたしましたが→こちら

Vol.37では、人間関係におけるストレスを軽減できる

コミュニケーションのスキルを2つご紹介しております。

こちら

是非、ご覧くださいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 

「今」と「ここ」に集中する

 最近はマインドフルネスが少しずつ浸透してきて

私が時々話題にしたり、オススメしている

瞑想なども、やられる方が以前より多くなっている

ような気がいたします。

でも、瞑想などをしなくても、意識としては常に

「今」や「ここ」に集中することはとても大切です。

改めて「今を生きている」かどうかと考えてみると、

意外と、過去のことを思い出して悔やんだり、

何となく過去の出来事を引きずっていて

今の思考や感情に影響していることもあります。

過去というのは、1ヶ月、1年、それ以上前のこと

というだけでなく、1分前ももう過去のことです。

そのちょっと前のことが気になって仕方がないと、

今に集中できず、今現在を丁寧に生きることが

できなくなってしまいます。

 また、将来や未来に対する不安も同じこと。

まだ起きていないことを必要以上に恐れると、

それはそれで今に集中できません。

もちろん備えや想定する出来事に対する心構えなどは

必要かもしれませんが、そればかりに縛られてしまうと、

今を楽しむことができなくなってしまいます。

本当に大切なのは「今」の瞬間をどのように過ごし

どのように生きているのかということです。

 そして、「ここに生きている」かどうか。

自分の心がどこにあるか、ということです。

心ここに在らず。という表現をよくするように、

目の前のことに集中しなくてはいけないのに、

他のことを考えたり、忙しいがために、

次々と先のことを考えてしまったりすることが

あると思います。

私もやる事が沢山あり過ぎて、ついつい

次のことを考えながらとか、同時に色々な事を

考えながらやることもあるのですが、

そうすると、今ある目の前のことへの集中力が

欠けてしまい、特にそそっかしい私は、

何か大事な事が抜けてしまうことがあり得るのです。

そのような時は、これではいけない、いけない・・

と反省し、「ここ」に魂を注げるように改めて

意識するようにしています。

 時々忘れがちな「今」と「ここ」。

生活していれば色々なことが起きますが、

できるだけ丁寧に過ごして参りたいですね。

それが自分らしく生きることにも繋がるからです。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

本日YouTube『エクラの風』Vol.37を配信いたしました。

Vol.36は「ストレスを感じやすい人と感じにくい人の違い」

をお話いたしましたが→こちら

Vol.37では、人間関係におけるストレスを軽減できる

コミュニケーションのスキルを2つご紹介しております。

こちら

是非、ご覧くださいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 情報を受け取りやすくするためには・・ 

 情報というのは、たとえ同じことを同じ量、

同じように与えられたとしても、

受け取る側には同じようには入ってきません。

なぜなら、器の大きさがそれぞれ違うからです。

そしてその器(心)の間口が広いかそうでないかでも

入ってくる情報量や質も変わってきます。

間口を広くするにはどうしたら良いのでしょう。

それは、心の柔軟性を持つこと。

 プライドが高かったり、自分が一番正しいという

考えでいつもいたら、それは本当に必要なことでも

入ってこなくなってしまいます。

他人のお話を聞いている時も、それは知っているから・・

という思いが出てくると、そこでもう心や耳は閉じて

しまうのですね。

たとえ知っていることでも、もしかしてその言葉の

端々には大切なメッセージが含まれていたり、

いま自分が必要な情報が入り混ざっているかもしれません。

そして、たとえその大事なことを知っていたとしても、

それを自分で活用していなければ、

無意味なものになってしまいます。

ですから、人とのコミュニケーションの中でも、

自ら拾いにいく情報の中からでも、

謙虚に、心を柔軟にして、必要な大事な情報を

受け取れるようにしておきましょう。

そうすると、自分一人の枠の中で考えているより、

はるかに選択肢が増え、豊かな思考ができる

ようになるはずです。

そしてそれをいつでも有難いという感謝の気持ちを

持ちながら受け取ること。

知識や情報というのは、その人が持っている

とても大切なもの。それを分けて頂くのに

当たり前だと思っていたら、失礼ですね。

そして自分の知識や情報は、惜しみなく分けることが

大事です。

いつも柔軟に器(心)を広くしていくことを心がけ、

情報は受け取りやすい状態にして参りたいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

本日YouTube『エクラの風』Vol.37を配信いたしました。

Vol.36は「ストレスを感じやすい人と感じにくい人の違い」

をお話いたしましたが→こちら

Vol.37では、人間関係におけるストレスを軽減できる

コミュニケーションのスキルを2つご紹介しております。

こちら

是非、ご覧くださいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 時々起こる困難は、人が人間らしさを思い出すためのものでもある

 なぜ、私たち人間は様々な困難にであうのでしょう。

今のコロナ禍でお仕事に苦労を感じている方も

いらっしゃるでしょうし、病気を抱えている方、

人間関係で悩んでいる方、やりたいことが思うように

できない方、自然災害により日常生活をなかなか

取り戻せない方・・挙げたらきりがないと思いますが、

私たち人間は、良いことばかりが起こるわけでは

ありません。誰にでも困難や壁に向かわなくてはいけない

状況に身をおくことになる可能性があります。

 もちろんそのような困難や壁は、できる限り無い方が

良いわけですが、でももしそのようなことになったのなら、

それは、人が人間らしく生きるため、人間らしさを

思い出すために起こっているのだと考えると、

何か一本の明るい道筋ができたり、あとで振り返った時に

大きな学びや成長があったと思えるはずです。

 私の尊敬する友人がいます。

いつも前向きで、トップの立場にいてもとても謙虚。

そして今でも大きな夢に向かって努力をしている方です。

でも、そのような彼女の前にも、幾つもの越えなければ

ならないハードルがあり、1つずつ越えては、時に後戻り、

時にさらに高いハードルが立ちはだかり、それでも

最善の力を尽くしながら、前進している姿を見ていると、

私の方が勇気付けられるのです。

 人間は機械でもAIでもなく、感情というエネルギーを

大きく揺れ動かして生きています。

だから泣きたくなることもあれば、嬉しいこともあり、

凹むこともあれば、内なる魂から力が湧き出てくることも

あります。

それらを人間らしく十分味わい、時には痛みを分かち合い、

そして労わり合いながら生きていくことができれば、

笑顔で心から喜べる日が必ず来るのだと思うのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

本日YouTube『エクラの風』Vol.37を配信いたしました。

Vol.36は「ストレスを感じやすい人と感じにくい人の違い」

をお話いたしましたが→こちら

Vol.37では、人間関係におけるストレスを軽減できる

コミュニケーションのスキルを2つご紹介しております。

こちら

是非、ご覧くださいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

『道無古今』〜道理を忘れない〜

 時代の流れが早いのと、次々に新しいことが

生まれてくる世の中で、それに着いていかなくては

いけないという思いにかられ、自分の軸を見失ったり

人としての筋道を忘れてしまったりしがちです。

新しい考え方、新しい方法、スキル・・などというのも

大事ですし、参考にしながら上手に取り入れることも

必要だと思いますが、でも、何でも新しいものが良い

とばかりは言えません。

人としてのあり方を常に心に持ち、人として学び、

人として世の中のために尽くし、人として他人を敬い、

人として子どもを守り育てていく・・というような

人としての筋道に古いも新しいもないはずだからです。

『道無古今』みちに ここんなし

道理に昔も今もなく、不変であるということ。

 目先のことや表面上のことだけを気にして

そこを何とか取り繕おうとしても、それは続きません。

形ばかりにこだわって、新しいものを取りれようとしても

それでは本質がわからなくなり、崩れてしまいます。

今、目指していることの本質は何なのか、

本質はどこにあるのだろうか、

先人たちが大事にしていた精神を忘れてはいないだろうか。

 今は情報発信をしようと思えば誰にでもできますから、

様々な発言や意見、考え方を見たり聞いたりすることが

できます。本が読まれなくなったとは言え、それでも

次から次へと、山のように新しい本が出てきています。

その分、私たちは惑わされてしまうことも沢山あり、

そこで目新しいものに飛びついてしまうと、

本当に大切にしなくてはいけないものを見失う可能性が

あることに気づかなくてはいけません。

人としてあるべき本当に大切なものは何だろう、

と改めて自覚するよい時代なのかもしれませんね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

本日YouTube『エクラの風』Vol.37を配信いたしました。

Vol.36は「ストレスを感じやすい人と感じにくい人の違い」

をお話いたしましたが→こちら

Vol.37では、人間関係におけるストレスを軽減できる

コミュニケーションのスキルを2つご紹介しております。

こちら

是非、ご覧くださいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 

 

 

  体も脳も使った後はクールダウンが大切

 運動をする前にウォーミングアップは欠かせませんが

同じように運動後のクールダウンもとっても大切。

もしかしてウォーミングアップよりも念入りにした方が

良いかもしれません。

特に普段使わない筋肉を使った時などは

そこを入念にストレッチしておかないと、

次の日の筋肉痛が倍増するだけでなく、

せっかく鍛えた筋肉が生かされなくなってしまいます。

歳を重ねるごとに痛感するところです。

 そしてこれは、体だけではなく、頭を使った時も同様。

様々なことを考えてクリエイティブに頭を働かせた時、

たくさんの知識を得ることが出来た時、

本や、人から多くの刺激を受けた時、

思いがけないことが沢山起きた時・・など、

脳や心の中が、ぱんぱんの状態をそのままにしておくと、

整理もつかず、せっかく受けた良い刺激も生かされません。

ですから、実はクールダウンがとても重要なのです。

 今は情報も本当に沢山あります。

得る情報をしっかりと見極めて、選択する必要性も

時々お話いたしますが、新しい情報というものは

脳にとって、とても刺激があります。

そしてそれが感情を左右するものであるならば、

なおさらしっかりと咀嚼して、事実は事実としてだけ

受け止め、冷静な理解と判断が求められます。

 受けた刺激はどのようなものだったか、

それをこの後、どのようにして行きたいのか、

しっかり自分自身を振り返る時間が大切です。

自分ミーティングとクールダウン。

私自身も意識して、その時間を丁寧に持ちたいと

思っているところです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

本日YouTube『エクラの風』Vol.37を配信いたしました。

Vol.36は「ストレスを感じやすい人と感じにくい人の違い」

をお話いたしましたが→こちら

Vol.37では、人間関係におけるストレスを軽減できる

コミュニケーションのスキルを2つご紹介しております。

こちら

是非、ご覧くださいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 心のバランスを取り戻す時間

 バランスというのは、色々なところで必要になる

要素ですが、私の価値観の中でも大切にしていることの

1つです。

そして、その様々なところで求められるバランスで

本日は「心のバランス」について。

これは、誰もが大事だと認識し、でも時に難しいと

感じるものではないかと思います。

時々私もこのブログの中でお伝えしていますので、

同じことを繰り返すようですが、

やはり、日々様々なことが起きる中で、身体に疲労を

感じたり、ストレスをいつの間にか溜めていると、

思考力、行動力、判断力、決断力・・など

様々なところに影響を及ぼしてしまいますから、

時々、自分自身を見直して、心のバランスを取り戻すことが

とても大切だと、私自身つくづく感じるのです。

 しっかり身体を休めていますか?

 リラックスできる時間を1日1回は持っていますか?

 心が休まる瞬間はありますか?

 あなた自身を労っていますか?

 気持ちを押さえ込んではいませんか?

 オンとオフの切り替えは出来ていますか?

もし上記の質問でNOという答えがあったなら、

そのことを意識しながら、過ごしてみましょう。

 本日はまた、フラワーセラピーレッスンを行いました。

初めてフラワーアレンジに挑戦された方でしたが、

フラワーセラピーは決して芸術性や美を求めませんので、

生のお花に触れながら、心の赴くままにアレンジして頂き、

その時の表情がとても穏やかでいらっしゃって、

私自身も癒されるとても素敵な時間になりました。

 様々な種類のお花がありますが、それぞれ特徴があり、

また同じ種類のお花であっても、1つ1つ表情が異なります。

どのお花を手にとっても、どのようにアレンジしても、

それがその時のあなたの心の状態。

そして心を素直に解放することで、

自分自身を見つめ直すことができるフラワーセラピー。

心のバランスを取り戻せる1つの方法として

とても素敵だな、と改めて感じました。

 自然というものには命のエネルギーがあります。

色、香り、手触り、音。

お花から受ける「生きる力」は私たちの内なる心を

癒し、元気づけ、新たなエネルギーを生み出すのですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

本日YouTube『エクラの風』Vol.37を配信いたしました。

Vol.36は「ストレスを感じやすい人と感じにくい人の違い」

をお話いたしましたが→こちら

Vol.37では、人間関係におけるストレスを軽減できる

コミュニケーションのスキルを2つご紹介しております。

こちら

是非、ご覧くださいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

~心が前に歩き出す 365日の言葉の花束~

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→