2021年02月

 色々うまくいかない時もあるもの 

 色々とうまくいかない時はなぜか次から次へと

問題が起きたり、スムーズにいかなかったりするのは

誰にでもあるものです。

こういう時に限って・・とか、

いつもはこうならないのに何故かうまくいなかい今日は

立て続けにバタバタとする・・とか、

踏んだり蹴ったり、という言葉が昔からあるのですから、

自分で引き寄せていなくても起こり得ることなのです。

大事なのは、そうなった時にどのように対処するのか、

どのような心持ちでいるのか、ということ。

 あなたはどうしますか?

もう投げやりになってしまいますか?

とことん落ち込んでしまいますか?

何故だろう、と理由ばかりを考えてしまいますか?

でも、もがけばもがく程やはり上手くいかない、

という経験は皆さまもあるかと思います。

ということは、そういう時はもがかない方が良い、

ということですね。

大事なのは「こういう時もある・・。」と思うこと。

そしてそこに意識を向けずに、静かにしている

ことです。

「全くもう、ついてない!」と思うと、

「ついてない」ことをまた余計に引き寄せて

しまいます。

もう散々ついてないことが重なったのですから、

これ以上、自分で引き寄せてしまったら大変ですね。

 こういう時は力を抜いて、

自分の中に起きたネガティブな感情までも全て

吐き出すかのように息を吐き出します。

深い呼吸をしたら、後はもう、小さな幸せを

大きく喜ぶだけです。

これは日常的にも大切なことですが、

色々とついていないことが重なってしまった時は

また特に効果的です。

たとえどんなことがあったとしても、

小さな小さな幸せは必ずどこかにあるもの。

それを拾える目は、日頃から養っていたいですね。

 まだ寒さが残る今日。

それでもお庭には小さな春がありました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.49を配信いたしました。

「自分らしい表現方法を見つけるには」

どのようにしたら良いのかということを

お話しております。→こちら

「自分らしさ」を大切にするために、是非ご覧下さいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 調整力を身につける

 自己調整力という言葉はビジネスの中でも

使われるかもしれませんが、そのような堅苦しい

ものではなく、自分の価値観を大事にして

シンプルに自分らしく生きられるように整える

という意味で本日は書いていきたいと思います。

 日常生活は豊かに心地よく、お仕事では

効率よく、何かを学ぶ時にはモチベーションを保ち、

新しい習慣を得たい時には継続できるように・・

と私たちは理想の状態というものがあります。

その理想の状態になるためには、ただ闇雲に

過ごしていては良い変化を得られませんが、

自分自身の行動と感情をうまくコントロールして

自己を整えることで物事がスムーズにできるように

なってきます。

 まず、不要な感情も不要な身の回りの物も

手放すこと。

強い思い込みは私たちの前向きな行動を妨げますし、

批判や愚痴は聞かされた方も、また口にする本人にも

良い影響は与えません。

必要以上の不安も心に余計に悪影響を及ぼします。

ネガティブのスパイラルに入っていってしまうからです。

ですから、そのような感情はできるだけ手放し、

そして、物質的にも不要な物を取り除いていきますと、

いつも言いますように良いエネルギーが流れてきます。

 まだなかなか収束できない感染症予防に留意したり、

季節の変わり目で健康に気をつけて過ごす方も多いと

思いますが、体の健康だけでなく、心の健康にも

目を向けて、自然と調和していきますと、

新しい時代の波にも乗っていくことができるように

なります。

身の回りの環境、意識、心の状態を整えて、

自分の持っている本来の価値観を見直し、

軌道修正して参りたいですね。

 27日は満月。

これからも魂が喜ぶことを大事にしながら

過ごしていきましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.49を配信いたしました。

「自分らしい表現方法を見つけるには」

どのようにしたら良いのかということを

お話しております。→こちら

「自分らしさ」を大切にするために、是非ご覧下さいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 声も私たちに大きく影響している

 昨日は「言葉と潜在意識」について書きました。

2/25ブログ

発する言葉、受け取る言葉は全て潜在意識まで届き

私たちに大きく影響するという話でしたが、

本日は、声について。

 言葉というのは、口から出る最後の段階ですが

そこに至るまで細かく言えば、

体で呼吸をし、その息に音(声)が乗り、

音が舌と唇(表情筋も含む)の動きによって

最終的に言葉になっています。

 ですから、その言葉になる声をお相手に心地よく

届けるためには、まずは正しい姿勢になることが

重要です。正しい姿勢になれば、深い呼吸がスムーズに

できるようになりますが、もし姿勢が悪いと、

声帯に余計な負荷がかかって声を無理に出している

状態になってしまったり、呼吸が浅くなり、

全身の緊張も余計に高まります。

 話す人と聴く人の双方が、お互いの話を気持ちよく

伝えあるいは聞き、理解し合うことのできる声

というのは、つまりは良い響き、さらには良い波動を

受けているという状態になるので・・そうなのです。

自然と潜在能力が活性化していくことも期待できるのです。

そこまで言うと、あまりピンとこないかもしれませんが、

「声」も波動ですから、その場を作る要因でもあり、

また、お相手の脳にも自分の脳にも届き、脳の働きを

左右して、それにより感情や思考は影響を受けます。

 良い音楽を聴くと心地よくなるのと同じように

良い声というのも、その場の人の気持ちを穏やかに

いたします。少しでも、お相手が心地よいと感じられる

ような声を出すことができると良いですね。

(ヴォイス&スピーチレッスンでは、

そのようなことからお学び頂いております。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.49を配信いたしました。

「自分らしい表現方法を見つけるには」

どのようにしたら良いのかということを

お話しております。→こちら

「自分らしさ」を大切にするために、是非ご覧下さいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 言葉と潜在意識

 「言霊」とよく言われますが、言葉にもやはり

波動やエネルギーがあり、その力が働いて、

その言葉通りの事象がもたらされるという経験を

されたことがある方も多いと思います。

 そしてセルフイメージは、周りからの言葉が

かなりの割合で影響し、自分の潜在意識の中に

思い込みとして入り込んでいきます。

常に褒められたり、素敵な言葉を投げかけられたり

していれば、セルフイメージも自然に高くなって

いきますから、子どもに向かって発する言葉というのは

そういう意味でもとても気をつけなくてはいけない

ものなのです。

 言葉というものが私たちの潜在意識に大きく影響し、

刷り込まれて、作り上げられていくものであるのなら、

人の愚痴、不平、不満などはなるべく聞かないでいられる

ようにし、自分自身はもちろん、発してはいけませんね。

その反対に、良い言葉をたくさん発していれば、

それがシャワーとなって、体の細胞にも染み渡ります。

自分の好きな言葉や素敵な文、前向きになる言葉などを

声に出して言ってみますと、それがアファメーション

(自己肯定文)となり、潜在意識の中に刷り込まれ、

ていきます。

なりたい自分になるための1つの方法として

アファメーションはとっても効果的。

何度も何度も繰り返して理想の状態を声に出し、

それが習慣になってくると、思考も行動も自ずと

そのようになっていき、身についていきます。

そしてその理想の状態に近づいていけるのです。

 自分が発する言葉、そして受け取る言葉も

気をつけて参りたいですね。

全て潜在意識の中に入り込むということを

忘れないように・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.49を配信いたしました。

「自分らしい表現方法を見つけるには」

どのようにしたら良いのかということを

お話しております。→こちら

「自分らしさ」を大切にするために、是非ご覧下さいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 

 

 

 引き寄せがうまくいかない理由

 「引き寄せ」という言葉は大体どなたでも

耳にしたことがあり、また魅力的でもあって、

何でも良いことが引き寄せられればいいなあ〜

と考えている方も多いですね。

そして、いつでもポジティブでいれば引き寄せられる

とか、良い気分でいれば、良いことを引き寄せられる

というように思って(あるいはそのように聞いて)

ポジティブでいなくては、良い気分でいなくては・・

と強く思いこもうとしている場合があります。

 でも、それだとなかなか良い「引き寄せ」はないはず。

どうしてかと言いますと、ポジティブでいなくては・・

という思いは、自分は今ネガティブだと言っていること、

良い気分でいなければ・・という思いは、自分は今、

良い気分でないと言っていることと同じだからです。

そうすると、潜在意識の中に今はネガティブである、

今はマイナス気分だと刷り込まれてしまい、

そのマイナス部分が引き寄せられてしまいます。

ですから、マイナスのことはそのままマイナスのこととして

受け入れて、その苦しさや落ち込みから、どのように

持ち直していくのかを考えることがまず大事なのです。

 潜在意識が顕在化した時には、そのマイナス部分は

次第に薄れていきます。

大事なのは無意識レベルで何を感じているのか

ということです。

 「欲しい」という強い思いは「無い」ということを

さらに強調させます。

得たい状態、なりたい姿というのは、もちろん、

それを願い、叶った状態を想像することも必要ですが、

そこから行動や努力が伴ってこそ、達成するものです。

決して何もしないで、何も頑張らないで、ただ

良い気分でいれば、良い状態を引き寄せられる、

というわけでは無いわけです。

 「引き寄せ」というのは、良いことも悪いことも

どちらも起こります。

良いことに意識を向ければ良いことが、

悪いことに意識を向ければ悪いことが引き寄せられますが、

自分の感情にまずは素直になることが大切ですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.49を配信いたしました。

「自分らしい表現方法を見つけるには」

どのようにしたら良いのかということを

お話しております。→こちら

「自分らしさ」を大切にするために、是非ご覧下さいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 

 運を強くして自分らしく生きるには

 運は誰にでもあるものですが、

弱いより強い方が良いわけですし、

運を味方にしていれば、より自分らしさを

発揮できるものです。

 でも運が良いからと言って、悪いことが

起きないわけではありません。

生きていれば良いこともあれば悪いこともあり、

思い通りにいくこともあれば、その逆もあるのは

自然の摂理ですから、仕方がないことです。

でも、良くないことが起きた時に、それを

どのように捉えて、どのように対処でき、

どのような心持ちでいられるか、

どのような在り方でいられるか、

ということが運を分けるのだと思います。

 ですから、運の良い人というのは、

どういう状況にあっても、自分で運を強くする

ことができるのです。

 では、どうしたら運を強くできるのかと言いますと、

まずは常にワクワクしているということ。

そして笑顔でいること。

そうすると、常に波動を高くすることができ、

良いエネルギーが溢れます。

そうするとそれと同じような波動のことが

起こりやすくなるわけです。

 次に、そのエネルギーを惜しみなく外に出すこと。

自分の利益のためではなく、シンプルに周りのために

与える精神を持つと、見返りは求めていないのに、

自然にその出したエネルギーは自分のところに

戻ってきます。

 そして、感謝の気持ちを忘れないこと。

無いことに目を向けて欠乏感に溢れていたり、

問題が起きた時にネガティブな感情からいつまでも

抜けられないでいると、運は逃げていきますが、

どのような時も、今得ているものや環境に

感謝の気持ちをもつことができれば、

必ず運は味方をしてくれるはずです。

 良い時も悪い時も、起こる出来事には全て意味がある

のだと理解し、それらを全て受け入れて、

自分らしさを持ち続けられるように過ごして参りたいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

YouTube『エクラの風』Vol.49を配信いたしました。

「自分らしい表現方法を見つけるには」

どのようにしたら良いのかということを

お話しております。→こちら

「自分らしさ」を大切にするために、是非ご覧下さいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 カラーセラピーの効果

 あなたは何色が好きですか?

今日のお洋服は何色を選びましたか?

今日選んだ色というのは、必ずしも一番好きな色、

と言うわけではないと思います。

その日の気分や体調、お天気などによっても

左右されるからです。

 今日は久しぶりにカラーのお話をしますね。

フラワーセラピーをする上でもカラーはとても

重要な役割を果たしますし、パーソナルカラーを

知ることによってもセラピー効果を期待できるのですが、

カラーセラピーというのは、古代文明の時代から、

中国やエジプトなどで取り入れられていて、

古い歴史があります。

主に病気の治癒や苦痛を和らげるために

その症状によって効果的なカラーが

ベッドやそのお部屋などに使われていたそうです。

現代の科学的な実験によっても、

赤い色は体を温めたり、明るい気分にさせ、

青い色は血圧を下げたり、心を落ち着かせる効果がある

というのが立証されていますので、

カラーを効果的に日常に取り入れることは

より良い心身の状態を保つことにもつながります。

 色は光であり、目から入ってくるその色の光は、

神経系や内分泌系を刺激して、心に強く影響しています。

ですから、落ち込んでいる時にはあえて明るい色を

近くに置いたり、身につけてみることで、

気分を上げることができますし、グリーン系や青系の色は

心を静かに落ち着けたい時に効果を発揮するのです。

他にも、黄色は消化の促進、紫は感受性を豊かにしたり、

直感が冴えたりしますし、白は呼吸を整えやすくなり、

柔らかいピンクは脳を活性化し、顔色を生き生きとさせ、

気持ちを和らげたり、幸せな気分になる効果もあります。

 私はピンクが好きなので、これから春色としても

お洋服などで活躍しそうで、効果的にまた取り入れて

いこうと思っております。

 あなたが無意識に取り入れている色も、

潜在意識からのメッセージ。

その色に改めて意識を向けてみますと、

自分自身の内面とのコミュニケーションになり、

今の状態を知るヒントになるかもしれません。

ぜひ、気軽に日常に取り入れてみて下さいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.48を配信いたしました。

「五感を大事にすると第六感が冴える」

というお話をしております。→こちら

是非、ご覧くださいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 

 大切なことはとてもシンプル

 昨日のことになりますが、数年ぶりに、

中国出身の私の大切な友人に会うことができ、

ゆっくりとお話をする時間がありました。

震災前までは彼女から中国語を学び、私の楽しみの

1つでもあったにも関わらず、すっかり10年もの間

中国語の勉強から離れてしまいましたら、全て

忘れてしまうという悲しい現状ではありますが、

彼女は日本語がとても流暢なので、

コミュニケーションには全く支障はありません。

 有り難いことに、私は様々な国出身の友人がいて、

それぞれの国の文化や考えなどを聞く機会が今まで

ありましたが、現代、多文化や異文化に目を向けて、

他者に対する偏見や思い込みに囚われずに、

良い関係を築いていけるようにする重要性など、

本や文献などに難しく書かれているものを見ますと、

難しいことは良く分からない単純な私は、

大切なのは、出身国に関係なく、人として、

相手を尊重し、思いやりを持って接すること、

ではないかとシンプルに思うのです。

結局いつも言っていることと同じですね。

 そのためには、自分自身がどのように生きるか

人としてどうあるべきかということが大事になります。

そこに意識を向けた時に、まず必要なことは、

日々の暮らしの中で、心、魂を磨くこと。そして、

人との関わり、社会との繋がり、自然との共生が

ある中で、私たちは日本国に生まれた1人であり、

また、宇宙の一員であるということを自覚して、

宇宙に生かされている感謝の念を忘れずに、

愛や思いやりに満ちた心を携えることだと思うのです。

 中国人の彼女に会うと、いつも共感するところが

あったり、気づきを得たりします。

国のシステムや国交を私たちが何かすることは

できませんが、個人レベルでできること、

考えることは大切にしていきたいと改めて思います。

 中国語学習への意欲は一瞬、再燃しましたが、

やっぱりもう少し後かな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.48を配信いたしました。

「五感を大事にすると第六感が冴える」

というお話をしております。→こちら

是非、ご覧くださいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 

 

 相手の気づきを促すには何が必要か

 親が子どもに対して、上司が部下に対して、

マネージャーが他のメンバーに対して、

教師が生徒に対して・・など、それぞれの立場で

しつけや指導、教授することがあると思いますが、

その際のコミュニケーションで大事なのは

まずは信頼関係を築くこと。これが土台にあると、

その次のステップとして、学びや経験、目標達成、

問題解決など、様々なことに取り組むことができます。

でも、それらが出来るようになるためには、

ただ教えるとか指導するというだけでは、

相手を伸ばすことは出来ません。

大事なのは、相手の気づきを促すこと。

そのために必要なのが「傾聴」や「質問」そして

「承認」です。

その中で今日は「質問」について少し書きたいと思います。

この「質問」の目的は相手の中にあるものを引き出すこと。

問題点を明確にしたり、考えを整理したり、視点を変えたり

することができますが、

全て「相手のための質問」でなければいけません。

ですから、やみくもに何でも問いかければ良いというのではなく、

相手に気づきが得られるようなものである必要があるのです。

でも日頃のコミュニケーションの中で、どのような問いかけが

多いかと言いますと、実は、自分が知りたいこと、

つまり「自分のための質問」になってしまうのです。

これは大きな違いです。

 相手に自ら学ぼうという意欲を持たせ、そこからの成長、

そして問題解決能力、思考力、判断力等を養うためには、

つまり、相手の中に本来備わっているものを伸ばすためには、

教えるとか、自分の思い通りに誘導するティーチングではなく、

相手を引き出すコーチングがとても重要になります。

その中で、相手のための質問を適切なタイミングで

投げかけて、気づきを促し、そこから行動に移せるように

してあげられると良いですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.48を配信いたしました。

「五感を大事にすると第六感が冴える」

というお話をしております。→こちら

是非、ご覧くださいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→

 

 変わりたいけれど変わらないのは・・

 昨日のブログでは、変わらないのは退化するのと

同じこと、ということを書きましたが→

では、変わりたいけれど、変わらない、変われない

という方の傾向というのはどういうものでしょう。

もちろん、昨日お伝えしたように、環境を整える、

適度な運動をする、読書をする、ということを

実行し、継続すれば、必ず変わることができます。

ですから、本や他人の言葉、アドバイスなどを

聞いても変われないというのは、実行に移せないか、

耳にも入ってこない状態になっているということです。

 苦しい状況にいる場合、あるいは今の状況からは

脱却したいと思っている時に、変わるための情報が

欲しいのではなくて、苦しいことにただ共感して欲しい、

と思っているだけですと、なかなか変わることは

出来ません。

また、その状況や起こる出来事、事象などを

他人のせいにしてしまっていても同様です。

 心が萎えている時、弱くなっている時というのは、

もちろん共感してもらったり、優しい言葉、受容の言葉

などがありがたく、心の支えになったりします。

でも、それは一時的なもの。ですから、解決策ではなく

またその認めてもらえる言葉を探し、別のところに

その優しさを求めるという繰り返しをしていても、

一向に変わることができなくなってしまうのです。

 まずは謙虚になることは大切ですね。

歳を重ね、経験を積んでいきますと、どうしても

頑なになってしまいがちですから要注意。

そして、自分の現実を直視することも必要です。

自分で自分の姿は見えませんから、

あえて俯瞰することを意識し、また、

他人から聞くことなどで客観的に自分を見て、

少しずつ変えていくという柔軟性も持ち合わせたい

ものですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

YouTube『エクラの風』Vol.48を配信いたしました。

「五感を大事にすると第六感が冴える」

というお話をしております。→こちら

是非、ご覧くださいませ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 『 夢の音読 』

〜心が前に歩き出す 365日の言葉の花束〜

Amazon・全国書店にて発売中!

Amazonはこちらから→

 『自分を知るとうまくいく』

Amazon Kindle 電子書籍はこちらから→