2018年04月

 検索の前に、まずは考える

 インターネットで何でも調べられる時代。

本当に便利です。

昔は調べ物は、家の百科事典か図書館で。

その他日常的なことは、まずは自分でじっくり考えて

どうしても分からなければ、家族や友人、先生などに

聞いてみたりしていました。

この「まずは自分で考える」こと。

今は「すぐにスマホで検索」にとって代わり、

「考える」行為が簡単にスキップされてしまっています。

でも、「考える」ことをしなくなると、

どんどん頭が退化しますし、問題処理能力も、解決力も

分析力も、発想力も・・劣化してしまうのです。

「考える」というのは、今までの自分の体験や、

見聞きしたこと、そしてそこから応用、発展して、

経験していないことでも想像し、おそらくこういうことでは

ないだろうかと予測してみることです。

スマホで調べれば数秒。

自分で考えると、数時間かかるかもしれませんし、

もしかして数日かかるかもしれません。

でも、全てをスマホ検索に頼るのではなく、

まずは自分の頭で考えることで、頭の中の

思考回路をしっかり使うことも大事なのではないかと

思うのです。

 特に若い子たち。大丈夫かしら。少々心配です。

 感覚をストックする

 将来、どのようになりたいか。どうありたいか。

これから、どういう自分でいたいか。

そのためには、どうしたら良いのか。

それをやっている自分は、どういう感覚になるのか。

 先日もお伝えしましたように、

夢や目標、将来の理想の姿に近づくためには、

その時の感覚を先取りすることがポイントですが、

その感覚を先取りするためには

色々な経験をして、様々な感覚をストックしておくことも

とても役立ちます。

どのようなことでも、その時に感じた感覚を大事にし、

感性を豊かにしていくのです。

感性が豊かになると、

とてもイメージをしやすくなります。

頭だけでイメージをしようとすると、

なかなかそのイメージが膨らみにくかったり、偏ったり、

理性だけで考えたものになったりしてしまうのですが、

普段から感覚を大事にしていれば、

その感性でイメージできますので、

本当の自分が心から望む理想の姿に

向かっていけるのです。

 ですから、どのようなことでも

小さなことでも、大きなことでも

どんどん感覚をストックして参りましょう。

そして、自由にイメージを膨らませてみましょう。

 ゴールデンウィーク、休日の時には

いつもより簡単にできるかもしれませんね。

 

 

 完璧でなくていい

久しぶりに夕方、と言っても日が沈んでからですが、

30分ほどジョギングを致しました。

太陽に向かって走るのでは、日に焼けますし、

あまりにも眩しすぎ。

でも、雲1つない澄んだ夜空に浮かぶ月に向かって

走りますと、その厳かな光の中で、

心が洗われるような気が致します。

満月を2日後に控えたその月もまた美しく、

いつまでも、いつまでも、眺めていたいぐらいです。

あと少しで完璧な姿。

それでも美しく魅力を最大限発しているのを見て、

「完璧でなくていい」と思いました。

欠けているからこその魅力もあるのです。

 人間も同じ。

完璧でなければならない、と肩肘張って頑張ると

どこかで辛くなってしまいます。

息切れしてしまいます。

完璧をめざしてもOK。

でも完璧にできなくてもOK。

何でも、そのぐらいの余裕を持って、

取り組んで参りましょう。

 

 夢が叶った未来の感覚を先取りする

 本日は、ニュージーランド出身の友人と

イベントの打ち合わせをするのと同時に、

彼女が声をかけて集めた様々なジャンルの方々とお会いし、

楽しいひとときを過ごすことが出来ました。

 皆、夢や目標もそれぞれ。

世界中を飛び回っているフォトグラファーは、

考え方もグローバルで、とても自由な発想力。

でも、今自分がいる土地で何かを発信しよう、伝えよう

としている方も魅力的。

これからの生活のスタイルや拠点を変えていきたい

という方もまた、その斬新な考え方がとても新鮮。

皆それぞれ本当に素敵だけれど、時には、

このままこの道で進んで良いのだろうか・・

これは自分には無理なのではないだろうか・・

と考え、悩んでしまうこともあるのです。

そういう時は、もう、

夢が叶った未来、その時の自分の感覚を

今、感じて、味わってしまいましょう!!

とお話をしました。

準備も、特別な場所も、遠慮も、何もいらない。

ただ想像力を膨らませて、

未来の理想の自分に思いを馳せ、

その時に感じるわくわくする思いなどを先取り♡

それだけで、一歩は必ず踏み出しているのです。

それぞれの一歩。

たとえ小さな一歩でも、

もうそれはあなたの理想の未来へと・・・

 自分で見て、聞いて、体験して・・

 情報が溢れている今、たくさんのことをインプット出来ている

かと思えば、実はそれは偏った情報であったり、

それが全てだと思っても、実は足りていない情報があったり、

自分の得た情報が必ずしも正しいとも限りません。

 ですから、自分で得る情報の見極め力も必要ですし、

やはり出来ることであれば、

自分の目で見て、自分の耳で聞いて、自分の肌で感じ、

体験することが大切です。

そのためには、常にアンテナを張り、五感を大事にして

感覚を研ぎ澄ますこと。

そして、先ずは受け入れる柔軟性をもつこと。

自分のフィルターで、自分の中に入って来る前に

ふるいをかけないように気をつけなければいけません。

あくまでもニュートラルに様々な情報を受け取り、

視野を広げて判断できるようにしたいものです。

 本日ある集まりに出かけ、色々なお話を伺うことができ、

とても有意義な時間を過ごすことができました。

これからも、アンテナを高く張りながら、

必要な情報、正しい情報、大切な情報を

インプットできるようにして参りたいと思います。

 意識が変われば習慣が変わる

 本日は、市内フレンチレストランにて、

テーブルマナーレッスンを行いました。

テーブルマナーというと、皆さま何となく固くなりがちですが、

レストランに行くというのは、本来は、そこに集まる方々と

心地よい空間で、美味しいお食事を頂きながら、楽しい時間を

共有することが目的。

ですから、気持ちはゆったりとリラックスしながらも、

お相手に不愉快な思いをさせないように、お相手への

心配りをすることが、いわゆるマナーにつながります。

 いつも申し上げますように、マナーは、

自分が恥をかかないために覚えておくものではなく、

同じ空間で過ごすお相手が、心地よい、一緒にいて心豊かになる、

と感じて頂けるような「思いやり」の表れです。

そのための美しい所作というのは、女性だけでなく、

男性も同じように求められるもの。

立ち居振る舞いというのは、一朝一夕に身につくものでは

ありませんので、日頃の意識がとても重要です。

 意識が変われば、どんどん習慣も変わって参ります。

習慣が変われば、人生も変わります。

ぜひ、皆さまには、日常の中で意識して頂きたいと思います。

 いつも彩り豊かな美味しいお料理をご提供頂きます

「ラ・フォンローズ」で、私自身も皆さまと

とても楽しいひとときを過ごすことが出来ました。

 

 

 急いで結果を出そうと焦らない

急いで結果を出そうとしても、

上手くいかない時はあります。

だから焦らなくても良いのです。

大事なのは続けること。

自分が満足できる結果にまで到達するためには、諦めず、

1度出来たからと言って、そこでやめてしまわず、

とにかく時間をかけて続けていくことです。

そしてセルフイメージを高め、

きっとできる!と自分に対して思い込ませること。

「できる」と思い込ませていると

それが当たり前になり、その状態が習慣になってきます。

逆に「できないかも」と思ってしまうと

言い訳するのが当たり前の習慣になってしまいます。

思い込みのセルフイメージを高め

焦らず、とにかく少しずつでも継続して参りましよう。

 情報は色々とインプットし、それをそのままにせずに

しっかりと活かしていき、

セルフイメージを高めるのに役立てたり、

モチベーション維持のために適用したり。

そうやって継続していけば

意識することがやがて習慣になり、

目標達成に近づいていきます。

ですから諦めず、慌てず、

大事なのは続けること。

 国旗を大切に扱う理由

 昨日、仙台での羽生選手のパレードは

大熱狂だったようですね。私はその様子を映像で

見ていないのですが、さぞ賑わっていたことでしょうと

容易に想像できます。

羽生選手の人気は、リンク上のパフォーマンス

のみならず、そのルックスと人柄の良さによるものだと

誰もが納得するところだと思いますが、

あのオリンピックでの行動も一挙手一投足報じられる中、

私が素晴らしいと思ったことの1つ。それは

国旗の扱い方でした。

お荷物と一緒に国旗を持っていたところ、

お荷物は下に置いたのですが、国旗だけは大切なものだから

と、下に置かず、どなたかに持って頂くようにしたのです。

 日本人は諸外国と比べると、国旗に対する意識が低い

のですが、本来は、国旗は国の象徴となるもの。

国の歴史、風土、信仰など、民族性を表現するものですから、

その国の「顔」として敬意を持って、取り扱わなければ

ならないのです。

 本日はマナーレッスンで、敬意表現の基本として

国旗についてもお伝えいたしました。

私たちが実際に国旗を手にすることはあまりありませんが、

国交などの様子がテレビで放映されましたら、

また見方が変わってくることでしょう、と思います。

国旗ってとても大事なのです。

 大人数の方法だけが正しいとは限らない

 何か目的を持って物事をやる時に、

やり方というのは、1つとは限りません。

幾通りもの方法があって、

それぞれの考えでやればよいのですが、

時に、ある1つの方法でやる人が大多数だった場合、

自分のやり方が間違っているのではないかと

不安になったり、自分の思いがブレてしまったり

することだってあります。

でも、大人数がやる方法だけが正しいわけではなく、

本当に、それぞれ。

十人十色、というぐらいですから、

10人いれば、10通りのやり方があっていいのです。

 目的地に行くのに、ショートカットで行く人、

寄り道しながら行く人、私のように

日に焼けないように、日陰を探して遠回りをする人・・

今日、ある所に行く時に、ほとんどの人が

一番近い道を通っているのに、私だけわざわざ遠回りして

日陰を歩いていたので思いました。

みんなが歩くところだけが正しい道ではないな、と。

 どのようなことでも、目的、目標、夢に向かう時、

周りに惑わされず、

自分の軸や信念を大事にして、進んで参りたいですね。

 温故知新

 故きを温ねて新しきを知る。

どなたもご存じの「論語」由来のことばで、

昔のことを調べて、そこから新しい考えや知識を

導き出すという意味ですが、

世の中が刻一刻と変化し続けている現代、

古きものを大事にし、それを土台にして

未来に向けて、新しいことにどんどん対応していく

ことが求められています。

古いものや昔のことがそのままでもいけませんし、

新しければ、それだけで良いというものでもありません。

 変化し、多様化している今、

その大きな変化を受け入れ、多様化を認めて、

自分自身がその中で、どのように考え、

どのように行動していくのかを

しっかりと意識していくことが大事です。

 そのために、たくさんの教養を身につけ、

自分で考える力を養って参りましょう。

 本日、私自身も深い学びを得、同時に大きな課題も得た

有意義な1日となりました。