2019年06月

 自信をつけるために今すぐできる7つのこと

 いつも自信満々で、どのような場所でも

自分の100%を発揮できる方は

世の中でほんの一握り。

多くの方は、自信がある時もあれば、

何かのきっかけで自信を失ったり、また

やる気が出て来て、頑張ろう!と挑戦してみたり・・

様々な場面で色々な体験をされていることと思います。

でも、全ての人に共通して言えるのは、

誰もが今より自信を高めることができるということ。

その可能性を誰でも持っているということです。

 今日は日常で今すぐできると私が思うことを

7つ挙げてみます。

① 感謝の気持ちを持つこと。

② 思いやりを持つこと。

  昨日のブログでも書きましたように、

  他人に感謝の気持ちや思いやりの言葉を

  掛けるのと同じように、自分に対しても

  同じ気持ちを持って接すると

  心が満たされてきます。

③ 自分の価値観(TO BE)を知ること。

  久しぶりにTO BE を書きましたが、

  自分がどうありたいか、どのような価値観を

  大切にしているか、ということを

  しっかりと心の内に問いかけて確認すると、

  それが強い信念になります。

④ 笑顔を忘れない。

  笑うというのは、見ているお相手にも

  もちろん良いエネルギーを送りますが、

  自分自身にとっても免疫力が高まったり、

  心身によい影響を与えます。

⑤ 外見を整える。 

⑥ 姿勢を整える。

  憧れの人を真似てみるのも良いですし、

  自分で鏡を見て、ヨシ!と思える格好をし、

  背筋を伸ばすと、自然に内面への

  自信にもつながります。

⑦ 学ぶ

  どのような形であれ、常に学びの姿勢を

  持つことで、知識が増え、それが知恵となり、

  自分の価値観やあり方を支えてくれるものに

  なるのです。

 

 長くなってしまいましたが、早いもので半年が過ぎ、

2019年の後半も、自信を持って様々なことに

取り組むことができるよう、私自身も改めて

確認するため、文字にしてみました。

残り半年、日常の中に是非どんどん取り入れて

自信を高めて参りましょう!

 

 もらって嬉しい言葉を自分に向けて言う

 社会の中で、責任のある立場になっていたり、

あるいは、社会に出ていなくても、

子育て中だったりすると、

誰かに褒められるということが

だんだん少なくなって来てしまいます。

でも、本当は大人になっても

褒められれば嬉しいですし、

誰かに認められたい、分かっていて欲しい

という思いはあるものです。

ですから、特に自信を失いそうになった時や

メンタルが下がってしまった時には、

自分で自分自身を労ってみましょう。

「いつも頑張っているね。」

「今日もお疲れ様。」

「でもそんなに無理しなくて大丈夫よ。」

「いつもありがとう。」

もし、落ち込んでいる人がいた時に

あなたが掛けてあげる言葉は何でしょう。

そして、あながたもらって嬉しい言葉は

何でしょう。

誰に遠慮するわけでもなく、

誰の前で言うわけでもないのですから、

思いっきり、自分の魂が動く言葉を

選べば良いのです。

そしてそれを素直に受け取りましょう。

日頃頑張っている自分を

まずは一番に認めて、

嬉しい言葉のシャワーをたくさん浴びて、

そしてまた次への活力となるように

していきましょう!

 

 夢や目標は本当にやりたいことなのか。

 夢や目標を設定して、せっかく頑張って

やり始めても、途中でくじけてしまう要因の1つに

そのやりたいことが、本当に自分の心からやりたい

ことではないかもしれない、という場合があります。

 どういうことかと言いますと。

何のためにそれをやるのか、と問われた時、

「他の人が喜んで下さるから・・」とか

「感謝していただけるから・・」という答えが

出てきたとしたら、その目標が他人軸に

なっていて、自分軸でないから、くじけることが

あるのです。

では、もし他の方が喜んで下さらなかったり、

感謝されなかったとしたら、どうしましょう。

それでも、そのゴールに向かって続けられるか

どうか、ということです。

もちろん、他の方の喜んで下さる笑顔を見ることが

できると嬉しい、ということはあります。

それが、支えにもなったりします。

でもそれを、決して動機にしてはいけないのです。

 これから埋めたい自己実現に向けた欲求が

喜ばれなくても、感謝されなくても、それでも

やりたい!というものでしたら大丈夫。

たとえ途中でくじけそうになったとしても、

自分の信念を思い出して、

動くこと。進むこと。

それが社会貢献であったとしても同様です。

他からの賞賛がなくてもできるパワーに漲れば、

必ず、ゴールに到達できます。

あなたの目標や夢、実現できますように。

 マイナスのスパイラルを断つ方法

「二度あることは三度ある。」と言いますが

二度あったことは、必ずもう一度繰り返しされる

ものだから気をつけなさい、という

誰もが知っている昔からの教え。

昔は引き寄せの法則などという言葉は

なかったでしょうけれど、今で言うそれですね。

 どうしてそのようなことが起こるかと言うと、

何か良くないことがあった時、

あ〜〜〜どうしてこんな風になってしまったのだろう、

とか、ついてない!とか

はあ〜〜〜と大きなため息ばかりついている

という状態でいると、それと同じような

マイナスの波動が自然と引き寄せられてしまうのです。

だからマイナスのスパイラルに陥ってしまいます。

 それを断つのはとてもシンプル。

そこにフォーカスしないことです。

以前にも書きましたが、フォーカスしたものは、

その部分が大きくなってしまうのですから、

なるべく早くニュートラルな状態になるか、

俯瞰して、その出来事にできるだけ良い意味づけを

するなどして、マイナスのことに注目しないように

しましょう。

 そして、小さな、良いと思えることを見つける目を

持つこと。

その小さなことを大きく喜べたら、

今度はそれと同じような波動が引き寄せられ

プラスのスパイラルになっていきます。

 

 行動に影響する言葉の力

「その調子でやれば大丈夫!」

「できる!できる!」 というのと

「大丈夫〜? 難しいわよね〜。」

「もっと頑張らないと大変よ!」

というのとでは、受け取った言葉により

その後の行動もかなり変わってきます。

 自らにかける言葉も同様です。

何かを成し遂げようとするとき、

「難しくてできない。。。」などと

最初から暗示をかけてしまうと、

その思い込みは、間違いなくそのまま現実に。

言葉にはパワーが宿りますので、

負の感情が伴えば、負の行動に、

プラスの感情が伴えば、プラスの行動に

結びつくのです。

 やらなければいけないことがあるのなら、

また、やりたいことがあるのなら、

自らブロックをかけてしまわないように気をつけて、

セルフイメージの高まるようなプラスの言葉を

かけることが大切です。

 そして、他人に対しての厳しい批判にも

気をつけること。

他人の欠点ばかりを拾い上げて、それを言葉に

していると、その言葉がそのまま自分の方に

跳ね返ってきます。

脳は自分も他人も区別しませんから、

他人のことを言っているようで、

実は自分に対して言っているということに

なってしまうのです。

 言葉というのは本当に大きなパワーを持ち、

行動にも大きく影響します。

冒頭の言葉は、学生にかける何気ないもの。

もちろん前者です。

 今日の高校生レッスンでは何と、

英語の代わりに世界史をやりました。

世界史の期末テストがやばい!と言うので・・。

私は世界史を教えてあげるなんてできませんが、

要は勉強のやり方をどうすれば良いのかを

教えてあげて、限られた時間は一緒に記憶し、

とても集中して充実した時間となりました。

あとは私が掛けてあげる言葉を選んで・・。

明日のテスト、かなりいい感じなのではないかしら。

 

 夢を実現させるためには「信じる」こと

 皆さまは、どのようなスポーツに興味をもたれますか。

自らスポーツをされる方もいらっしゃるでしょうし、

観戦するのがお好きな方もいらっしゃると思います。

オリンピックも控えていますし、先日抽選も

行われましたから、当選された方は一層楽しみですね。

 今、私の関心事は、米プロバスケットボールNBAの

ドラフト会議で1巡目全体9位でヴィザーズから

指名を受けた八村塁選手の話題。

八村選手がバスケを始めた富山の中学校での

エピソードなどが色々と報道されていますが、

中1入学時、友人の猛烈な誘いを受けて

とりあえず体験してみた八村選手がコーチに

「お前はNBAへ行くんだ」と言われ、

それを素直に信じてやり続けてきたことが

実現へと繋げられたなんて素晴らしいですね。

事あるごとに「NBA」と結びつけて指導されていた

コーチも素晴らしいですし、最初はあまり上手では

なかった彼が、コーチの言葉と夢を信じて

人一倍努力してきたことが実を結んだわけです。

 やはり夢を実現させるためには、

信じること。続けること。楽しむこと。努力すること。

 吉報をお電話で受けたコーチが「すごい!すごい!」

と涙を流されていたのを見て、なぜだか私まで

「ほんと、すごい!!すごい!!」と

涙が出てきました。

 中学、高校時代にバスケ部に入っていた私。

スポーツの中で1番見ていてわくわくするのが

やはり、バスケなのです。

もう私自身がやることは絶対ありませんが、

いつかNBAの試合を見にアメリカに行きたいな〜

と思います。

夢がまた1つ追加されました。

 

 波があるのは自然なこと

 今日は雨が降ったり止んだりの

スッキリしないお天気でしたね。

気温は幾分下がりましたので、少しは

凌ぎやすかったものの、しばらくこのような

お天気が続くかと思うと、

太陽の光がとても恋しくなりますね。

 物事も太陽のようにキラキラ輝いて

とても上手くいく時もあれば、しとしとと

降る雨が、まるで気持ちを表しているかのように

何事も上手くいかない時もあります。

自然の流れなのですね。

晴れの時もあれば、雨どころか嵐のように

雨風が吹き荒れる日もあり、また

四季のサイクルのように、春に芽が出て

夏に生育した草木が、秋になると枯れていき、

冬の間にエネルギーを蓄える、その寒い冬を

じっと耐えると、また暖かい春が必ず訪れる・・・。

 人間も自然の一部であり、宇宙の一部でもあるのです。

それが分かると、枯れて落ちる葉があっても当たり前で、

また必ず芽吹く前の準備なのだと納得ができるはず。

落ちていく葉を嘆き悲しみ、木にしがみつこうとしても

辛くなるだけです。

 執着を手放しましょう。

必要のないものを手放してみましょう。

形のあるものも、目で見えない心情も、

マイナス感情が伴うものはそっと離して、

そして明るく輝く太陽の光が

降り注ぐ日を待ちましょう。

 自信が持てなくても、それは変われるチャンスになる。

 どのような人でも、自信がなくなることは

あるものです。

先日、一緒にお話していた方も、とても

活躍していらっしゃるのに、自信がなくなったり、

やっていることが分からなくなることがある

と仰っていましたから、誰にでも

起こり得ることなのだなと、改めて思いました。

 時々、方向性が見えなくなってしまうのですよね。

これで良いのかな、今やっていることは

本当に意味のあることなのだろうか、

周りの方たちはキラキラと輝いて見えるのに

私自身は・・などと自信を持てなくなってしまう時は

やはり、外に目を向けるのではなく、

自分の内側に目を向けて、時には初心に戻ることも

大切です。

そういう時に外に目を向けてしまうと、

他人の活躍や素晴らしさを素直に認められなくなり、

どうしても自分と比べてしまうのです。

でも、自分自身を見つめ直すと、

その初心、どれだけ大事なものだったか、

ということが改めてわかります。

すると、自然に方向性も見えてくるのです。

そうしたら、モヤモヤしている自分が変わる

大きなチャンス。

 自信が持てなくても大丈夫なのです。

その一歩前に進めるチャンスとなれる

前兆なのですから。

自信がなくなった時は、焦らずに

失敗をしても、自分を磨くことができたと思って、

また少しずつ進んで参りましょう。

 小さなきっかけを生かして自分の人生を作っていく

 人生は決して、他人の人生を歩むのではなく

自分の人生を歩むもの。

自分の意志、自分の選択、自分の決断に責任を持ち、

うまく行かないことがあったとしても、

そこから学び、

うまく行ったとしたなら、それを次の未来に

どのように生かすか、と考えていくことが大事です。

ですから、他人や環境のせいにせず、ましてや

他人の足を引っ張るなどということはしないで、

自分のスキルや意識を高めていくことに

集中していくと、自分の人生を歩んでいくことが

できるのです。

その中で、様々な出会いや、出来事、変化が

あるものですが、そこでの小さなきっかけが

大きな成功、飛躍に繋がることもありますし、

思いがけない事を生むこともあるかもしれません。

そのような小さなきっかけを大事にしながら、

自分の成長する可能性を信じて生きていくことが

できれば、またそれを後世に繋いでいくことも

できるわけです。

 本日は、多くの学びとともに、

友人とのとても有意義な語り合いで、

充実した1日を過ごすことができました。

まだまだ悩み、試行錯誤していくことも

多々あると思いますが、価値観や信念の共有が

できる友人の存在をとても有難く感謝し、

これからも学びを続けながら、私なりにできることを

頑張ってやっていきたいと思っております。

 

 パワースポットは自分の心地よいところ

 神社、仏閣、教会、世界遺産、自然遺産など、

いわゆる一般的にパワースポットと呼ばれている

ところに、皆さまは行かれますか?

それは、ただの観光目的でしょうか。

それとも、しっかりとパワーを頂いてこよう!

という意気込みで足を運びますでしょうか。

もしパワーを頂くためだとしたら・・

必ずしも、皆がパワーを受けたと感じられるとは

限らないということも頭の片隅に入れておきましょう。

パワーを頂くとか、運気を上げるためには、

そのスポットと自分の波動が合っていないと

いけません。

いつも、妬み、批判、悪口ばかり言っていたり、

ネガティブ思考のままでいると、

やはり、共鳴できないわけです。

ほんの少しは気持ちがアップするかもしれませんが、

その場限りということも・・。

ですから、日頃から、なるべく良い波動が出るように

努力しておくことが大切です。

 感謝や思いやりの気持ちを持つとか、

見返りを求めずに、与える精神でいるとか、

そういう日々の心がけがあってこそ、

良いエネルギー、良い波動を自分自身からも

発することができるのです。

 そして、何も一般に言われているパワースポットが

自分にぴったりの場所とは限りません。

海がお好きな方もいれば、山の方がお好きな方も

いらっしゃいますし、美術館や博物館、ホテルのラウンジ、

カフェ、温泉、ゴルフ場・・とそれぞれに

パワースポットがあるかと思います。

また、ご自分の家の中にパワースポットを作るのも

かなり有効です。

たとえ小さなスペースでも

お気に入りの場所を作っておくと、

その心地よさで、運気も高まるはず。

皆さまのパワースポットはどこでしょうか?